社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

なぜ本を読むのか

読書をする理由は多岐にわたる。まず筆頭に挙げられるのが読書の快楽である。本は知的遊戯の空間であり、本を読むことは知的遊戯の快楽に身を浸すことに他ならない。そこには思想があり感性があり認識があり物語があり、どれも人の脳髄に快楽をもたらすもの…

鈴木透『食の実験場 アメリカ』(中公新書)

食の実験場アメリカ-ファーストフード帝国のゆくえ (中公新書) 作者: 鈴木透 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2019/04/19 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 食の観点から見たアメリカ文化史。 アメリカでは、先住民の食文化と入植民の食文…

岡田温司『天使とは何か』(中公新書)

天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書) 作者: 岡田温司 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/03/24 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 天使というものの文化表象的な多義性に着目した本。 天使は純キリスト教的な神…

中原淳『経営学習論』(東京大学出版会)

経営学習論: 人材育成を科学する 作者: 中原淳 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2012/09/01 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 11回 この商品を含むブログ (8件) を見る 企業・組織に関係する人々の学習を扱う経営学習論の概説書。 経営学習は…

『〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。』(河出書房新社)

〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。: スペックゼロでお金と仕事と人間関係をめぐって考えたこと 作者: レンタルなんもしない人 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/05/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「レン…

國分・山崎『僕らの社会主義』(ちくま新書)

僕らの社会主義 (ちくま新書 1265) 作者: 國分功一郎,山崎亮 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/07/05 メディア: 新書 この商品を含むブログ (8件) を見る 哲学者の國分功一郎とコミュニティデザイナーの山崎亮が初期社会主義について対談したもの。 …

私の働き方改革

最近、働き方改革の機運が高まっている。世相の流れもそうだが、私も個人的な理由から働き方改革を心掛けてきた。 過去を振り返るが、私が入社して2年目についたポストは超激務だった。毎朝始発で出勤して終電で帰り、土日出勤しても仕事が終わらず、仕事が…

残間里江子『閉じる幸せ』(岩波新書)

閉じる幸せ (岩波新書) 作者: 残間里江子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/10/22 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 編集者などいくつかのキャリアを駆け抜けたキャリアウーマンの生き方エッセイ。著者は山口百恵の自伝を手掛けたり…

梯久美子『原民喜』(岩波新書)

原民喜 死と愛と孤独の肖像 (岩波新書) 作者: 梯久美子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/07/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (15件) を見る 原民喜は戦前・戦中・戦後の時期を生き、自らの被爆体験をもとにした原爆文学で知られている作家で…

小島道一『リサイクルと世界経済』(中公新書)

リサイクルと世界経済 - 貿易と環境保護は両立できるか (中公新書) 作者: 小島道一 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/05/18 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 国際リサイクルの入門書。 家電製品や自動車、タイヤ、農業機械などは先進…

白波瀬佐和子『生き方の不平等』(岩波新書)

生き方の不平等――お互いさまの社会に向けて (岩波新書) 作者: 白波瀬佐和子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/05/21 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 127回 この商品を含むブログ (27件) を見る 人生の選択における不平等の実態と解消法を説明。 …

ブレイディみかこ『子どもたちの階級闘争』(みすず書房)

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から 作者: ブレイディみかこ 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2017/04/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (19件) を見る イギリスで保育士をやっている著者によるイギリスの貧困問題目…

門脇厚司『社会力を育てる』(岩波新書)

社会力を育てる――新しい「学び」の構想 (岩波新書) 作者: 門脇厚司 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/05/21 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (6件) を見る 階級社会を是正するための処方箋を提示。 日本は格差社会どこ…

内田博文『法に触れた少年の未来のために』(みすず書房)

法に触れた少年の未来のために 作者: 内田博文 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2018/09/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 近年の触法少年をめぐる状況を憂慮して書かれた本。 子どもの権利は国際法で広く保障されているにもかかわらず…

藤田・宮野『家族』(ナカニシヤ出版)

家族 (愛・性・家族の哲学 第3巻) 作者: 藤田尚志,宮野真生子 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版 発売日: 2016/04/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 家族について法学・社会学・哲学の観点からアプローチした論文集。 ①結婚にまつわる契約・所…

能動性格差

現代は多様性の時代だといわれる。多様性は社会福祉の観点と個人の人権の観点から説明できる。旧来の同質的な社会においては、同質でない人々を排除するという暴力が働いていた。そのような社会的排除を受ける人を少なくするという福祉の観点から、多様な人…

森岡孝二『就職とは何か』(岩波新書)

就職とは何か――〈まともな働き方〉の条件 (岩波新書) 作者: 森岡孝二 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/11/19 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 46回 この商品を含むブログ (19件) を見る 2011年当時の就職をめぐる状況を教科書的にまとめた本…

廣瀬陽子『ロシアと中国 反米の戦略』(ちくま新書)

ロシアと中国 反米の戦略 (ちくま新書) 作者: 廣瀬陽子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/07/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 現代におけるロシアと中国との関係を詳説した本。 中露関係は「離婚なき便宜的結婚」と呼ばれている…

政治と文学

政治と文学については多くの議論がなされてきた。有名なものでは第二次世界大戦後に交わされた「政治と文学論争」があり、文学の政治への機械的従属VS文学の政治からの自立・作家の主体性獲得、という論争がなされた。私としては政治と文学のどちらかがどち…

藤田・宮野『性』(ナカニシヤ出版)

性 (愛・性・家族の哲学 第2巻) 作者: 藤田尚志,宮野真生子 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版 発売日: 2016/04/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 性をめぐる初心者向けの論文集。 ①文化人類学の観点から性の多様性について論じる宮岡論文。 ②…

矢内原忠雄『日本精神と平和国家』(岩波新書)

日本精神と平和国家 (岩波新書 赤版 100) 作者: 矢内原忠雄 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1946/01/01 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 終戦後の矢内原の伝道活動としての講演を二本収録している。 ①本居宣長の系譜を継ぐ日本主義者は、神の…

畑仲哲雄『地域ジャーナリズム』(勁草書房)

地域ジャーナリズム: コミュニティとメディアを結びなおす 作者: 畑仲哲雄 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2014/12/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 地域紙がNPOとコラボすることにより新聞の新たな可能性を開いた事例を検証する本。 上…

佐藤卓己『流言のメディア史』(岩波新書)

流言のメディア史 (岩波新書) 作者: 佐藤卓己 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2019/03/21 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る デマについてメディア史の観点から概観し、デマへ向き合う態度を提言する本。 火星人来襲のデマ、関東大震災後の朝鮮…

中原・溝上『活躍する組織人の探求』(東京大学出版会)

活躍する組織人の探究: 大学から企業へのトランジション 作者: 中原淳,溝上慎一 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2014/03/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る どのような大学生活を送った人が就職後成功するかについて実証的に…

私の教養主義

私にとっての教養主義とは、基本的には読書や学問を通じて人格形成を行うことである。だが、もちろん人格形成のためには人間関係や就業も重要である。だから広い意味で教養主義を捉えると、読書や学問のみならず広く社会的関係において自らの人格形成を行う…

大澤真幸『憲法9条とわれらが日本』(筑摩選書)

憲法9条とわれらが日本: 未来世代へ手渡す (筑摩選書) 作者: 大澤真幸 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/06/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 大澤真幸が中島岳志、加藤典洋、井上達夫と憲法9条について対談している。 中島は…

信頼と信用の使い分け

仕事をしていると、人格的な信頼と仕事についての信用は違った次元にあることが分かってくる。仕事をするうえで同僚間、上司・部下間の信頼関係は重要である。これは人格的な意味での信頼であって、信頼があるからこそ互いに便宜を図り合いコミュニケーショ…

藤田・宮野『愛』(ナカニシヤ出版)

愛 (愛・性・家族の哲学 第1巻) 作者: 藤田尚志,宮野真生子 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版 発売日: 2016/04/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 愛の思想史をなす論文集。 ①プラトンの哲学をベースに、古代ギリシアの最終的にはイデアへとの…

中原淳『職場学習論』(東京大学出版会)

職場学習論―仕事の学びを科学する 作者: 中原淳 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2010/11/05 メディア: 単行本 購入: 7人 クリック: 182回 この商品を含むブログ (19件) を見る 職場での学習について科学的に分析した本。 能力向上に対する同僚・同…

山崎亮『コミュニティデザインの時代』(中公新書)

コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書) 作者: 山崎亮 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2012/09/24 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (27件) を見る 建造物をデザインするのではなく、人…