社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

夢を見ていた

今の会社組織に入ってもう5年になる。私は大学院で法律を修めたコンプライアンス世代であり、現実社会に出てみると法的にアウトなことが割と普通に行われていることを知った。暴行や脅迫、名誉毀損、ハラスメント、そういった行為が現実社会では割とカジュ…

人間関係の改善のために

人間は長い人生の間、人間関係が悪化することがままある。だがその際に一番やってはいけないことは、「こいつが悪い」「あいつが悪い」という犯人捜しである。誰かを犯人に仕立て上げれば問題は解決するどころか一層悪化する。人間関係が悪化するとき、多く…

家永三郎『革命思想の先駆者』(岩波新書)

革命思想の先駆者―植木枝盛の人と思想 (岩波新書 青版 224) 作者: 家永三郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1955/12/16 メディア: 新書 クリック: 5回 この商品を含むブログ (1件) を見る 自由民権運動の立役者である植木枝盛の人と思想を紹介した本。 …

岸政彦『はじめての沖縄』(新曜社)

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ) 作者: 岸政彦 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2018/05/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (8件) を見る 沖縄の人々の生活史を描いてきた社会学者による沖縄の入門書。 本土と沖縄の間には明確…

山脇直司『公共哲学からの応答』(筑摩選書)

公共哲学からの応答―3・11の衝撃の後で (筑摩選書) 作者: 山脇直司 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/12/01 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含むブログ (4件) を見る 3・11に対して公共哲学の立場から議論を投げかけたもの。 人々の支…

近藤康史『分解するイギリス』(ちくま新書)

分解するイギリス: 民主主義モデルの漂流 (ちくま新書 1262) 作者: 近藤康史 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/06/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る イギリスの伝統的な安定的な政権が現在どのように変化してきたかについて記述…

池内恵『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』(新潮選書)

【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書) 作者: 池内恵 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/05/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (13件) を見る 混乱する中東情勢に歴史的な筋道を与える本。 オスマン帝…

擬似宗教のススメ

宗教というものは超越的な人格者に対する信仰を核とするものである。典型的には神に対して信仰心を抱くという形態をとる。だが、無宗教であっても、人間は超越的なものへとまなざすことができるのではないだろうか。 日々の雑事に追われていると、世界が神秘…

武田清子『背教者の系譜』(岩波新書)

背教者の系譜―日本人とキリスト教 (1973年) (岩波新書) 作者: 武田清子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1973 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 日本人とキリスト教のかかわりについて論じた哲学的断章。 ①日本人とキリスト教 日本人はキリスト…

速水敏彦『他人を見下す若者たち』(講談社現代新書)

他人を見下す若者たち (講談社現代新書) 作者: 速水敏彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2006/02/17 メディア: 新書 購入: 7人 クリック: 693回 この商品を含むブログ (267件) を見る 最近の若者たちの特徴についてある程度理論化された仮説を提示した書物…

高橋・河合・永田・渡部『不機嫌な職場』(講談社現代新書)

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書) 作者: 河合太介,高橋克徳,永田稔,渡部幹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2008/01/18 メディア: 新書 購入: 17人 クリック: 333回 この商品を含むブログ (212件) を見る 人間関係の悪化して…

轡田竜蔵『地方暮らしの幸福と若者』(勁草書房)

地方暮らしの幸福と若者 作者: 轡田竜蔵 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2017/02/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 地方で暮らす若者たちの幸福感の実態に迫った社会学的研究。 ①働き方の問題が核心 大都市を回避し地方都市や田舎…

仕事が好きな人と嫌いな人の違い

なぜ世の中には仕事が好きな人と嫌いな人がいるのでしょうか。仕事が好きな人の労働は喜びに満ちています。それに対して仕事が嫌いな人は労働についてネガティブな感情を抱いています。仕事が嫌いな人は他人に厳しく、残業しない人やあまり仕事ができない人…

岡本正『災害復興法学』(慶應義塾大学出版会)

災害復興法学 作者: 岡本正 出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会 発売日: 2014/09/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 東日本大震災によってどのようなリーガルニーズが生じ、それによってどのような法改正がなされたか記述した本。 ①多数のリ…

安楽玲子『住まいで「老活」』(岩波新書)

住まいで「老活」 (岩波新書) 作者: 安楽玲子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/06/21 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 人生100年時代と言われる現代において、高齢化の際にどのような工夫が必要かについて書かれた本。 何よりも、健康…

西山隆行『アメリカ政治講義』(ちくま新書)

アメリカ政治講義 (ちくま新書) 作者: 西山隆行 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/05/09 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る アメリカ政治についての簡潔にして優れた入門書。 リベラルと保守の対立、連邦制の特徴、政党制の特徴、メディアの…

下川裕治『日本を降りる若者たち』(講談社現代新書)

日本を降りる若者たち (講談社現代新書) 作者: 下川裕治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/11/16 メディア: 新書 購入: 7人 クリック: 129回 この商品を含むブログ (50件) を見る 日本社会の息苦しさから逃れてアジアへと逃亡する日本人たちのルポルタ…

田舎で暮らす理由

私は地方都市に住んでいる。地方都市に職を得て、そこで働いている。ではなぜ大都市圏ではなく地方で働いているのか。それには様々な理由がある。 まず、実家が近いということ。家族との接触の機会が増えるし、実家は落ち着くし、何かと便利である。実家は農…

庄司克宏『欧州ポピュリズム』(ちくま新書)

欧州ポピュリズム (ちくま新書) 作者: 庄司克宏 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/05/09 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る EU研究の第一人者によるEUポピュリズム論。 EUはグローバリズムを展開し、移民や難民の受け入れにも…

小椋力『写真健康論』(日本評論社)

写真健康論 作者: 小椋力 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2018/07/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 写真が健康に結びつくことを論じた先駆的な本。 体の健康のためには食生活と運動に気を配る必要がある。心の健康のためには発症危険…

仕事と恋愛

仕事と恋愛は似たような構造をしています。特に結婚を前提とした恋愛の場合、相手と少しずつ距離を詰め、付き合いの段階を少しずつ上げていき、遂には婚約にたどり着き、さらに結婚という具合で、目標に向けて地道に努力するという力が試されます。デートコ…

『メンタルヘルス・マネジメント検定試験二種 重要ポイント&問題集』

改訂3版 メンタルヘルス・マネジメント検定試験II種(ラインケアコース)重要ポイント&問題集 作者: 見波利幸 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター 発売日: 2017/07/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 二種になると労働法の知識…

合田正人『入門 ユダヤ思想』(ちくま新書)

入門ユダヤ思想 (ちくま新書) 作者: 合田正人 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/08/03 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 様々な哲学者によるユダヤに関する思想を入門的に集めたもの。 ユダヤにとって無限と向き合うことは重要であ…

真下信一『思想の現代的条件』(岩波新書)

思想の現代的条件 一哲学者の体験と省察(1972年) (岩波新書) 作者: 真下信一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1972/07/02 メディア: 新書 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る 唯物論哲学者による、戦後の時代への哲学的処方箋。 ①「思想者…

尾崎俊哉『ダイバーシティ・マネジメント入門』(ナカニシヤ出版)

ダイバーシティ・マネジメント入門 作者: 尾?俊哉 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版 発売日: 2017/04/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 昨今話題になっている多様な人材を用いた経営の在り方についての入門書。 企業が競争力を再構築するうえ…

用地職員を2年半やって分かったこと

私は今用地職員3年目であり、おそらく今後は用地職員をやらないであろうと思う。だが、用地職員の経験は貴重なものであり、私はそこから多くのものを得ることができた。もちろん、用地職員は二度とやらないつもりではあるが。 1 用地職員とは 公共的な事業…

浅野順一『ヨブ記』(岩波新書)

ヨブ記―その今日への意義 (1968年) (岩波新書) 作者: 浅野順一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1968/10/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 旧約聖書のヨブ記への導入の書物。 ヨブ記において、義人ヨブは神によって財産や家族を奪わ…

老害とは何か

どんな組織でも新陳代謝は必要です。ですが、新陳代謝というのは、必ずしも人材を異動させることだけには限りません。古くからその組織にいる人であっても、その時代に応じた考え方に絶えず自分をアップデートできる人ならば、そのアップデートが新陳代謝に…

山口育子『賢い患者』(岩波新書)

賢い患者 (岩波新書) 作者: 山口育子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/06/21 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る COMLという民間団体で活躍している著者が、自らの経験とCOMLでの活動についてまとめている本。 1990年代当時、い…

黒人やユダヤ人について学ぶ理由

私は最近、黒人やユダヤ人に関する書物を多く読んでいる。黒人もユダヤ人も、ともに世界史において迫害を受けた人種である。彼らには彼らの受難があり、迫害と闘い、地位を向上させてきた歴史がある。彼らの受難がどういう構造を持ち、そして彼らの戦いがど…