社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

ぼやき

哲学で修士課程に行ったのだが修論が書けず医学部に編入した友人と話しました。彼が言うには、東京で哲学の研究をやっていたときは疲れまくっていたとのこと。出口が見えないし、努力にも成果が伴わない。まさに今の僕と同じじゃないですか。僕の疲れはかつ…

もう弁護士として働いている友人と話をしました。彼は土日もなく働いているとのこと。大変そうでした。僕はまだ諦めるのは早いと言われました。そうかもなあ。

なんかもう、勉強にはほとほと疲れてしまったのだがどうしよう。

胸が苦しい…。これは何か病的な苦しみのような気がする。医者にでも行ってくるか。

社会から肯定されたいのだが肯定されるだけの能力がないという過酷な現実。

今日は大変気分よく勉強できましたとさ。

地方公務員でいいや、と思うとやる気がなえるので、地方公務員でも、この試験受かっとけば箔がつくなあ、と思うことにしました。

22年民法・民訴難しかったな…。大丈夫か、この程度の実力で。

素人考えとしては、人を沢山雇ってその分残業を減らせば日本人はもっと幸せになると思います。

やるきでた

明日っからやるかー、という気分になれた。十分休んだようです。

22年刑訴、おとり捜査と秘密録音を落としてしまった…

22年刑訴やるのだ!

22年刑法、主要なところを厚く書くんだね。何でもかんでも論点を拾えば良いというものではないようだ。難しい。

22年会社法、いまいちだった…

22年行政法、いまいちだった…

22年行政法やるのだ!

そう言えば、ローにいた頃、「あいつはヤクザみたいなやつだ」とか言われたことがあったな…。いつでもどこでもそうだったよ。どこにも居場所なんかなかったよね。仲良くしてくれた人には感謝だなあ、本当に。俺みたいな奴とよくつきあってくれたよな。

22年憲法、立法不作為が思いつかなかった。

22年憲法やるのだ!

21年刑訴、もっと厚く書くのか…

21年刑訴やるのだ!

おかしい。試験が近付くにつれ、逆に不安や焦りが消えて行っている。一時期ひどかったあの不安はどこへ行った。自分ができないことは分かっているのに。諦めがついたのだろうか。確かに、既に、地方公務員として勤務する未来を思い描いていたりはする。地方…

21年刑法、いまいちだった…

21年刑法やるのだ!

21年会社法、大体できてた…

21年民法、ところどころ間違えていた…

21年民訴、自信が無かったがそこそこできていた…

21年民訴やるのだ!

睡眠不足だ…。勉強できるかな?

20年刑法写経した。しかし、淡々と記録するだけのブログになっているな。だが、今年は受からないと思っているぞ。それでもあがいてみせる。

21年行政法やりました。個別法の趣旨解釈が必要なのね。

20年民訴、良いところだけ書きうつした。原告・被告・裁判所三者の観点から検討する。

21年憲法、部分社会の法理とかどうしても落としてしまう。法律に基づかないから違憲、とかそういうところも。

今日は答案構成日和にしようか。十分休みながら、あと21年憲法・行政法をやろう。それだけやればいい。

20年刑法もやった。やっぱり実際に書いてみないと。論点は拾えているが、論述の流れとか厚みとかの具合がつかめない。

20年刑訴、少し間違えた。

20年刑法をやるのだ!

20年会社法、優秀答案の良いところだけ書きうつした。

20年民法、写経終わり。

20年民訴、ボロボロだった…

20年民訴やるのだ!

20年会社法、いまいちだったかな。

20年会社法やるのだ。

20年行政法、良いところだけ書きうつした。

20年民法、ところどころ間違えた。やばい。

寝過ぎた…。20年民法をやるのだ!

20年憲法、優秀答案の良いところだけ書きうつした。

20年行政法をやったが、次からはもっと細かく答案構成しよう。論述の具体的な流れまで。

20年行政法をやる! と気合を入れる。