読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

法律関連の新書

岩波新書で、法律関連のものを中古で購入。 『名誉毀損』 『人が人を裁くということ』 『日本人の法意識』 『司法官僚』 『憲法と天皇制』 『集団的自衛権とは何か』 こういうのを今まで読んでこなかった。読了したらレビュー書きますね。

イェーリング『権利のための闘争』

権利のための闘争 (岩波文庫)作者: イェーリング,Rudolf Von Jhering,村上淳一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1982/10/16メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 37回この商品を含むブログ (28件) を見る 権利を侵害されたとき、我々はどんなことを感じ、また…

ケルゼン『純粋法学』

純粋法学作者: ケルゼン,横田喜三郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2003/06メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見る 純粋法学とは、純粋な法律理論である。どういう意味で純粋であるかというと、一切の政治的イデオロギーと自然…

内藤淳『自然主義の人権論』

自然主義の人権論―人間の本性に基づく規範作者: 内藤淳出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2007/04/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 25回この商品を含むブログ (12件) を見る 人権は普遍的なもの、前国家的なものだと憲法の通説は教える。だが、歴史的…

高橋哲哉『デリダ』

デリダ (現代思想の冒険者たちSelect)作者: 高橋哲哉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/07/11メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 クリック: 32回この商品を含むブログ (48件) を見る 法というものは暴力によって成立する。妥当性を最終的に根拠づ…

本橋哲也『ポストコロニアリズム』

ポストコロニアリズム (岩波新書)作者: 本橋哲也出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2005/01/20メディア: 新書購入: 5人 クリック: 45回この商品を含むブログ (60件) を見る 不正義のあるところに政治の問題が起こる。だが、政治的不正義と法的不正義は異なる…

今井道夫『生命倫理学入門』

生命倫理学入門 (哲学教科書シリーズ)作者: 今井道夫出版社/メーカー: 産業図書発売日: 2005/02メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 21回この商品を含むブログ (6件) を見る 人が、受精して、胎児となり、生まれ、生き、病気にかかり、死ぬ、それぞれをあり…

今読んでる本

法律学・政治学・法哲学関係で。・団藤重光『法学の基礎』 ・団藤重光『刑法綱要総論』 ・団藤重光『刑法綱要各論』 ・ハート『法の概念』 ・ケルゼン『純粋法学』 ・カウフマン『法哲学』 ・内藤淳『自然主義の人権論』 ・島田総一郎『正犯・共犯論の基礎理…

加藤尚武『現代倫理学入門』

現代倫理学入門 (講談社学術文庫)作者: 加藤尚武出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/02/07メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 41回この商品を含むブログ (62件) を見る 我々が当たり前だと思っていて特に意識的に定式化していない判断原理を、ひとつひとつ…

長尾龍一『法哲学入門』

法哲学入門 (講談社学術文庫)作者: 長尾龍一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/01/11メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 15回この商品を含むブログ (16件) を見る 法律学と哲学の両方とも知らない人は読むべきかもしれないが、両方知っている人にとっては…

馬場靖雄『ルーマンの社会理論』

ルーマンの社会理論作者: 馬場靖雄出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2001/06メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 25回この商品を含むブログ (51件) を見る ルーマンはシステムと環境の区別から出発する。システムとは特定の区別(コード)に即して組織化さ…

山口厚『危険犯の研究』

危険犯の研究 (1982年)作者: 山口厚出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 1982/09メディア: ? クリック: 4回この商品を含むブログ (2件) を見る まず、危険判断の方法を定式化しているところが注目すべき点だ。(1)判断の基礎、すなわちいかなる事実を…

おすすめの本

・井田良「刑法総論の理論構造」 とにかく刺激的で目からうろこが落ちる。基本書というよりは論文集という感じ。・高橋宏志「重点講義民事訴訟法」 論文集。思考のダイナミズム。・石山卓磨「石山教授の新会社法論文演習」 論文試験のための基本を確実に固め…