社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

法哲学

森村進『自由はどこまで可能か』(講談社現代新書)

自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社現代新書)作者: 森村進出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/02/20メディア: 新書購入: 16人 クリック: 321回この商品を含むブログ (90件) を見る リバタリアニズムとは、個人の財産権、経済的・精神的・…

イェーリング『権利のための闘争』

権利のための闘争 (岩波文庫)作者: イェーリング,Rudolf Von Jhering,村上淳一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1982/10/16メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 37回この商品を含むブログ (28件) を見る 権利を侵害されたとき、我々はどんなことを感じ、また…

ケルゼン『純粋法学』

純粋法学作者: ケルゼン,横田喜三郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2003/06メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見る 純粋法学とは、純粋な法律理論である。どういう意味で純粋であるかというと、一切の政治的イデオロギーと自然…

権限=他律決定

自分のことは自分で決めるし、自分についてはどんな愚かなことをやっても国家は介入しない。自分のことは自分が絶対的に排他的に支配していて、自分のことは自分で処分できる。イェーリングは『権利のための闘争』において、権利を主張することは自己の倫理…

内藤淳『自然主義の人権論』

自然主義の人権論―人間の本性に基づく規範作者: 内藤淳出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2007/04/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 25回この商品を含むブログ (12件) を見る 人権は普遍的なもの、前国家的なものだと憲法の通説は教える。だが、歴史的…

無効・取消・不存在

行政行為であれ会社の行為であれ法律行為であれ、それが無効であるか取り消しうるか不存在であるかは、その行為の性質によって決まると思われがちである。行為が無効としての性質、取り消し得るという性質、不存在という性質を備えている。一見これは正しい…

高橋哲哉『デリダ』

デリダ (現代思想の冒険者たちSelect)作者: 高橋哲哉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/07/11メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 クリック: 32回この商品を含むブログ (48件) を見る 法というものは暴力によって成立する。妥当性を最終的に根拠づ…

黙示的立法

司法権の作用とは、一般的には、具体的事件について法を適用し宣言することだと言われている。だが、法律の文言というものは一定のあいまいさがあり、解釈の余地を残すものである。よって、法を適用する場合にも、その前提として法を解釈しなければならない…

沈黙

沈黙について考えている。思想良心の自由によって絶対的に保障されるのは、内心の世界観や人生観という人格の本質部分だとされている。この部分については、国家は、国民が沈黙しても何ら不利益を与えてはいけない。一方で、事実の知・不知、物事の是非善悪…

法的実践的推論

事実から規範を導くために、欲求と状態という事実から、その状態でそのような欲求を実現するためにはこのような手段が適切である、だからこのような手段をとるべきである、そういう推論方式がとられることがある。例えば、ある人が免許を取りたい。近くに教…

補充性と教育

補充性と断片性は違うらしい。カウフマンが『転換期の刑法哲学』で書いていた。なんでも、断片性というのは、国家が不必要な消極的介入をしないことを言うのに対し、補充性というのは、国家が不必要な積極的介入も消極的介入もしないことを言うらしい。言い…

権利に対する所有権

金銭債権が証券化でき、債権の移転や行使には証券が必要だとなってくると、結局、証券の所持者は、証券を所有することによって金銭債権を所有しているのではないかと思えてくる。つまり、債権に対する所有権のようなものがあるのではないか。 債権者とは債権…

命題の権力性

権力性とは何だろうか。権力性が問題となるのは例えば行政処分だ。私人の意思にかかわりなく、一方的にその私人の法的地位を変化させる。そして、その法的地位に従わない場合には物理的な強制がくわえられる。権力性とは、私人に有無を言わせずに一定の法的…

more efficient alternative

法と道徳を区別するのは、一つには、法システムと道徳システムがどこまで効率性が要求されているかである。法システムは限られた予算の中で限られた人材や資源を用いて運営される。しかもこの予算は主権者から徴収するものであり、主権者の不利益の上に成り…

人間の解除できない同一性

会社は合併することも分割することもできる。つまり、二つの法人格が一つになったり、一つの法人格が二つになったりする。これがなぜ可能かというと、会社は、その同一性を一時的に解除することが可能だからだ。 AとBが新設合併をすることを考えると、会社…

人権に対置される利益

法は複数の保護すべき利益の間で、それらのバランスの上で適切なあり方を実現する。諸利益が対立する場合、対立項としてよく現れてくるのが人権である。法は、人権と他の利益との調整を図って規定されていることが多い。 民法だったら、私的経済秩序維持の利…

法は自ら助けないものを助けない

最決平7・3・27は、必要的弁護事件において被告人が弁護人の在廷を困難にした場合に、刑訴法289条1項の適用の例外を認めている。つまり、弁護人がいなくても開廷でき、弁護人のいない開廷は違法ではないとするのである。 一般に、ある法律がある国民…

義務について

義務は他者や公共の利益を図るものだと思っていたが、「利益」のような「目的」を措定しなくても、義務の本質は論じれるのではないだろうか。何かの本で、権利義務については、利益概念で説明する説と選択概念で説明する説があると読んだが、その意味がやっ…

法律と生活

財産法と家族法を比べた場合、家族法の方が人間の生活とのかかわりが深い。刑法と行政法を比べた場合、刑法の方が、人間の生活に与える影響は大きい。だがこれは概括的な判断であって、法律の設定する同一性は、その発生させる効果の同一性を拾えていない。…

受忍義務

受忍義務は義務の本質ではないだろうか。つまり、作為義務の根底にも不作為義務の根底にも受忍義務がある。 作為義務を負う者は、その義務の履行において、自らの労力などを消費することによる不利益を受忍しているのである。不作為義務を負う者は、その義務…

「時計じかけのオレンジ」

スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」という映画がある。この映画では、犯罪を犯した主人公が、暴力的なシーンが連続する映像を強制的に見せられることで、暴力に対する生理的な嫌悪を抱くように矯正され、早々と社会復帰する。要する…

自己言及性

法がその法自体について自ら規定することがある。たとえば憲法98条1項の最高法規性。法の自己言及の在り方は、(1)法が自らの効力を規定する場合、(2)法が自らの適用範囲を規定する場合、(3)法が自らの目的を規定する場合、があると思う。 (3)…

論理も正義の一つにすぎない

判例は、12歳の少年に責任能力を認めず(大判大6・4・30)、11歳の少年に責任能力を認めている(大判大4・5・12)らしい。責任能力が年齢とともに備わっていくものだとする通常の理解からすると、これは矛盾している。12歳に責任能力がないの…

条文って何だろう

すべて国民は、法の下に平等である(憲法14条)。だから、国家は同じ国民は同じく扱わなければいけない。だが、「同じ」である、すなわち同一であるといっても、様々な程度がある。損害賠償債権も代金債権も、債権であるという意味では同一である。だが、…

放棄できない権利

権利というものは、誰でもいつでも自由に放棄できるかのようにも思える。自分で自分の利益を放棄するのは自由だ、というわけである。ところが、放棄できない権利というものもある。 人権の不可譲性の議論の中で、権利を保持・行使することが同時に義務にもな…

自己に対する権利

権利とは基本的に他人に対するものである。自己の利益のために他人に作為・不作為義務を課すのが他人に対する権利だと思う。たとえば身体の自由は他人が自己の身体を拘束しないように不作為義務を課すものであろうし、代金債権は他人に代金を払うように作為…

原則と例外

原則と例外に本質的な区別はないのではないだろうか。「人を殺した者は罰する」を原則、「ただし違法性がなければ罰しない」を例外とすると、ここで言われている法命題は、「人を殺した者で違法性がある者を罰する」という単一の命題でしかないのではないか…

自己に対する義務

法律は他人に対する義務は規定するが自己に対する義務は規定しない。つまり、「他人の利益になるように自分の行動を規制しなさい」とは命ずるが、「自分の利益になるように自分の行動を規制しなさい」とは命じない。「社会に悪影響を与えないように賭博はす…

可能性と存在

たとえば私が人を殺した可能性が高ければ、私は処罰されなければならないのだろうか。私が人を殺したのならば、私は処罰されなければならない。だが、単に「殺した可能性が高い」というだけで「殺した」ものとして処罰されることは適当だろうか。 存在した可…

適応

今日、稲刈りの手伝いをしていて、「農作業には法律は全く関係ないなあ」とのんきなことを考えていたのですが、実はそうでもないのではないかと気づきました。 稲刈りをする場合、米を収穫するという目的の実現のため、稲の生え具合に合わせて機械を走らせま…

形式と実質

法律学のコンテクストでは、よく形式論と実質論が峻別されている。だがこの形式と実質の違いとは一体どんなものなのか。 たとえば、特定の論点に対する学説について、「形式的根拠―実質的根拠」という対立がある。また、証拠力について、「形式的証拠力―実質…

規則功利主義

功利主義とは、最大多数の最大幸福こそが善だとする立場である。だが、最大多数の最大幸福を、一人一人の行為ごとに、それぞれの文脈において判断するのは難しい。一人一人の人間が行動を起こそうとするときに、善悪を判断する基準はもっと明確に定まってい…

存在の追認

民法113条1項は、無権代理人の法律行為を原則無効とし、本人の追認があった場合には効力を発生させる。法律行為はそれだけで無条件に法律効果を発生させるわけでなく、無効事由がある場合には、利害関係人はその効果の発生を阻止できる。 だが事実行為は…

危害原則の反映

危害原則とは、他人に迷惑をかけなければ何をやっても自由だ、という原則である。この原則が法律の規定の中に様々な形をとって現われる。(1)事実行為として他人の利益を侵害すれば、サンクションが与えられる。(2)法律行為・訴訟行為として他人の利益…

長尾龍一『法哲学入門』

法哲学入門 (講談社学術文庫)作者: 長尾龍一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/01/11メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 15回この商品を含むブログ (16件) を見る 法律学と哲学の両方とも知らない人は読むべきかもしれないが、両方知っている人にとっては…

ベルクソンと危険・結果無価値

ベルクソンは、世界は常に新しく創造されていくと考えた。だから、可能性というものは事前的には存在しない。結果が発生して初めて回顧的にあの時可能性があったと判断されるに過ぎない。つまり、実在性が可能性に論理的に先行するのである。世界が常に更新…

義務の発生根拠

義務が発生するためには、(1)ある人が特定の行為をとることが期待可能か、(2)その行為が目標とする利益を因果的に強く惹起しうるか、という二つの基準をクリアーしなければならないような気がする。 例えば、子供が川でおぼれそうになっているときに、…

法律学と自然科学

自然科学は、理想的な状態を作り出し、厳密な手続に従って実験をすることでデータを集める。集まったデータという事実をもとに、その背後にある法則を導き出す。 この一連の流れが、法システムにおける訴訟手続に似ていないだろうか。法廷という理想化された…

法の内面化

長尾龍一『法哲学入門』によると、ラートブルフやカントは法の「外面性説」をとったらしい。つまり、道徳は個人の内面を拘束し、法は外面を拘束する、という説である。法は外面しか拘束しないのだから、人間は内面において必ずしも順法精神を持っている必要…

「ひかりごけ」問題再論

以前、id:analysis_nz:20090520において、「被害者でも加害者でもない裁判官がなぜ加害者を裁けるのか」という問題を提起したが、これがなぜ問題になるのかが少し分かってきた。 この問題に対しては、「加害者は被害者に不利益を与えた以上、公平の観点から…

過度の義務履行

義務を履行するのに、履行しすぎることはないようにも思える。例えばある彫刻家が彫刻を作る請負債務を負っている場合、どれだけ上手に作っても上手に作りすぎることはないと思われる。だが、それは、問題になっている義務の履行が二当事者間の閉ざされた空…

人がそこに入り込むことによって法的な権利義務が付着する、そのような時空間がある。それを法的な「場」と呼ぼう。場には普遍的な場と特殊的な場がある。 例えば刑法によって作られる場は、基本的に日本国内に限定されるが、基本的に日本国民を生まれたとき…

権利・義務の抵触

今、ある人に二つの権利があるが、この二つの権利は互いに矛盾しているとしよう。例えば、契約を締結する権利としない権利。契約を締結することで、取引行為を通して収益を上げるという利益が実現され、契約を締結しないことで、取引に伴うコスト・リスクを…

裁判と真理

裁判官は当事者の主張する事実が真実であると心証を形成したときに、その事実に基づいた法律効果の発生を容認する。だが、ここで言われている真実とはいったいなんであろうか。 真理が何であるかについては以下の三説がある。(1)明証説、(2)対応説、(…

利益を与えないこと

利益を与えないということは、不利益を与えるということになるのだろうか。それとも単に何もしないということになるのだろうか。(1)利益を望んでいる主体が利益を得る可能性がない場合 例えば、健常者が障害者年金を望んでいる場合。健常者である以上、障…

行為と情報

行為をするためには情報を得なければならない。情報は、(1)物事の存在、(2)物事の内容、から構成されるが、これらは不可分であろう。 さて、法システムの様々な場面で、(1)情報提供行為、(2)情報に基づいた行為、がなされるわけだが、それぞれに…

上からの基礎付け

西洋哲学の伝統として、確実な真理を基礎として、そこから演繹的に学問の体系を基礎付けていく、という方法論がある。これを下からの基礎付けと呼ぼう。ユークリッド幾何学がその典型で、いくつかの公理を前提に、論理的に諸定理を導き出していくのである。 …

ヤクザの人間性

もうひとつ映画の話を。私はヤクザ映画が好きで、昔はよく見ていたのだが、その中でも異色の映画があった。それはヤクザの親分の法廷闘争を描いたものであり、その親分によると、暴対法による規制強化は、ヤクザの人間性を否定している、とのことだ。 人々の…

「ひかりごけ」問題

武田泰淳の小説に「ひかりごけ」というものがある。私はこれが映画化されたのを観た。これは、厳寒の地に閉じ込められた船長と船員がいて、ひとりずつ船員が死んでいくのだが、船長は死んだ船員の肉を食べて生き残る、という筋のものだ。この船長が裁判にか…

道具的理性

ホルクハイマーは、近代において理性が「道具化」されたと批判したらしい。理性が、自然を技術的に支配し、社会の合理化を推し進めるための道具に成り下がってしまった、というのである。それによって、教養や人間性が失われてしまったことを批判しているの…