読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

雑感

この試験との戦いは、自分の苦手分野を克服する戦いだったと肯定的にとらえたい。まず、暗記型の頭の使い方になれる、ということ。思考に偏らず、記憶の定着を重視することは、これからの人生においてもきっと役に立つはず。そして、目的を達成するための情…

私はまだ本格的に社会に出たことが無いので世間知らずである。だが、自称社会人から「お前は世間知らずだ」みたいなことを優越感交じりに言われることが何度かあり屈辱だったので、少しそれに反論して見る。社会人になっていないからこそ見えてくることはた…

不適応

私が受験を批判していたのは、結局私の適応力の無さに由来するのだと気付いた。受験に上手に適応できていれば、何も受験のあらさがしをする必要はない。どうも私は受験にうまく適応できなかった。なぜだろう。そういう問いにおいて、受験のデメリットや私自…

受験哲学

受験生によって受験に対する考え方は様々である。(1)受験とは何であるか・自分の人生の夢をかなえるためのステップ、のように、目的連鎖の一部ととらえる考え方。 ・実務でも学問でもない一つの正義の体系、のように、隣接する領域との差異においてとらえ…

法律家

法律を勉強するようになって、自分の性向はある程度変わったと思う。(1)意思をしっかり主張するようになった 私法体系は、意思表示を基礎としている。意思を表示しないと自分が欲するような法的効果が発生しないわけで、自己実現にはまず意思表示が必要と…

復讐

私が法律を生業とするのは、法律を用いて、過去に私に対して向けられた不正・不法に対して復讐するためだけなのではないだろうか。私は迫害体験があり、それで一度精神を患っている。つまり、傷害罪の被害者なのだ。結局、法を自らの武器にすることで、自ら…

twitter

twitterって、多分もうとっくにどっかの誰かが言ってると思うけど、現代社会を象徴してるよね。あふれかえる情報、高速で更新され、一つのものにゆっくりと時間をかけて取り組むことができない。twitterをやってる人に要求されるのは、そのあふれかえる情報…

暴力

以下のような文章をある場所に載せようとした。 ■暴力というものを考えています。何かを破壊するということを総じて暴力と呼ぶならば、人間のあらゆる営為は暴力になりうるかもしれません。物事を言葉で把握すること自体、その物事の無二性を破壊し反復可能…

合法でも違法でもなく

事実が法律要件に該当すれば法律効果が発生する。だが、「事実が法律要件に該当する」かどうか不明確な場合もあるはずだ。それは、(1)法律要件の解釈の不明確性、(2)事実を証明する証拠の証拠力の弱さ、に由来するだろう。(1)例えば、使用窃盗は窃…

悪について

法律学のおける悪と、道徳における悪では異なると思われる。また、倫理学における悪とも異なる。法律学における悪とは、恐らく実定法規の命じる規範に違反することだ。倫理学における悪とは、それぞれの倫理的な立場における基準に比較して決定される。例え…

憎しみ

学問を愛しているうちはまだ半人前なのだと思う。学問を深く知れば知るほど、学問を憎む材料がたくさん見つかってくる。私はまだその段階に達していない。ただ、学問は楽しい、学問は認識を深める、学問は自分に合っている、そう思っている。私はまだ学問を…

なぜ帰属意識がなかったのか

私の失敗が、私がしほうしけん業界に帰属意識を持っていなかったことに由来することを書いたが、ではなぜ私は帰属意識を持っていなかったのか。その理由は、私の反体制的な気質による。 短答式試験で要求されるのは、国家が採用している法制度、裁判所が採用…

たくいつと論文の違い

たくいつも論文も本質的には同じだと良く言われるが、そうでもないんじゃないかとも思える。例えば条文にしても、そうじゃない条文になることだってあり得たはずだ。例えば留置権の主張をしても被担保債権の消滅時効は進行すると民法300条あたりに規定さ…

手続

いつも思いつきばかりで申し訳ないが今回も思いつき。敗訴当事者が判決の効力を受ける根拠を、その当事者が訴訟において手続保障を受けたことに求める見解がある。刑事事件だったら、検察官の主張が真実だとという心証を裁判官に抱かせないように被告人に防…

不作為の自由

「何もしなくていいんだよ」と自分に言い聞かせて幸福感を味わっている。つかの間の休みを謳歌しよう。適当に哲学や小説や評論などを読んで、音楽を聞いている。買い物に出かけたり、温泉に行ったり。 表現の自由や信教の自由など、人権というと作為の自由み…

楽に生きない

私は、あるとき、ある人から、「もっと楽に呼吸をしてはいいのでは? と思うことがありました。」と言われたことがある。傍目にも私は楽に生きていないようだ。また、以前書いたが、あるときには、ある人から、「analysis_nzさんってもっと屈折していると思…

自力救済

自分が不正な取扱いを受けたとき、それでも反撃してはいけないのだろうか。例えば、根も葉もない侮辱的な噂を流され、かといって名誉棄損で立件できるほどの違法性もないとき。法が介入するまでもない軽度の侵害でも、その侵害によって心が傷つけられること…

刑法

しかし刑法は面白い。受験勉強をやっていても、これはこういうアプローチができるんじゃないか?とか思ったりする。 まず、故意の問題。38条「罪を犯す意思」。故意は認識であるとするという説と意思であるとする説がある。また、故意に違法性の意識やその…

限界

物事には限界がある。例えば人間関係。本当に親しくなって、たいていのことが話せるような人間関係なんてそうは作れない。親友はいても一人や二人が限界だ。この限界をわきまえないで、理想を夢見ていると、現実の壁にぶち当たって無駄に傷つくことになる。…

勉強について

本を読むことは思考の展開する領域を広げることだと思う。例えば日本の統治機構がどうなっているのかを知りたければ、憲法の基本書でも読めばいい。そうすれば、日本の統治の在り方についての考えの幅が広がるはずである。このようにして、自分の思考の限界…

勉強について

勉強とは一種のコミュニケーションだと思う。基本書を読んだり問題集を読んだりするとき、それらを書いた人と私はコミュニケートしているのである。だがこのコミュニケーションには特徴があって、それは、(1)一方的であること、(2)受け手の方が積極的…

下積み

私は下積みが長い。下積みが長いと弊害がある。 まず、自己評価が低くなること。目に見える達成もなく、社会的評価も得られないのだから、自己評価を高く維持するのは困難である。実際私は、自分に人間的な魅力など全くないと思っているし、才能もろくにない…

浪人

浪人して良かったことも悪かったこともあるが、良かったことについて書く。 何よりも、自分の人生と真っ向から向き合う時間が作れたことが良かった。制度に組み込まれていると、「自分は何者であるか」という問いに対して、擬似的な答えが与えられ、その擬似…

断片性

刑法の謙抑性の一内容として、刑法の断片性があげられる。これは、単なる不利益ではなく、侵害者を処罰する必要があるほどの法益侵害があって初めて刑法が介入するべきだとする原理である。だが、法システム自体がそもそも断片的ではないか。 人間が生活する…

保管

保管って何だろう。所有権の内容は使用・収益・処分だから、保管は所有権の内容ではない。「保管権」というのが特にあるわけでもなく、「俺の保管を邪魔するな」という妨害排除請求はとても奇妙だ。だからといって、「保管義務」という自己に対する義務があ…

悪について

悪をなくすにはどうしたらいいか。悪というものとどう対処したらいいか。そんなことをよく考える。だがそういった思考の前提として、そもそも悪とは何であり、どこからどこまで悪なのか、という問題がある。たとえば眠っている人の顔にいたずら書きをするの…

不確定な将来のための対策

将来は何が起こるか分からない。だが、何らかの不利益な状態になってしまってからその対策をしたのでは遅いことがある。その場合、将来の不確定性が現在に影響を与える。つまり、何が起きてもいいように今のうちに対策しておこうという発想である。 将来の不…

「選任」

人間と機械との違いが、この「選任」という言葉に現われている気がする。任命権者がある人を「選任」する場合、その人の個性や能力に着目してその人を「選び」、その人の裁量に機関としての役割を「任せ」ている。つまり、人間は機械と異なって個性があるか…

「ブラックジャック」のすごさ

手塚治虫の「ブラックジャック」の主人公であるブラックジャックは、医術によって人を治すことをほとんど絶対的な価値として信じています。彼は神業でもって、普通の医者には治せないような病を手術によって次々と治していきます。そのヒロイズムだけを描い…

存在しない制度

現行制度では、立法府は国民によって選ばれ、司法府は国民以外によって選ばれ、行政府は主に立法府からさらに選ばれる。つまり、(1)国民によって選ばれる、(2)国民以外によって選ばれる、(3)選ばれた中からさらに選ばれる、という組織のされ方をさ…

団体

団体ってなんだろうと考えているのだがうまくまとまらない。結局、「目的を実現するために人や物が集まること」だとは思う。そして、目的の実現のために、人はその行動や財産の利用について様々な制約を受けていく。目的実現のための個人の権能の制約が進む…

法律自体については、選挙を通して国民の意思が反映されてると言えるので正統性があると言える。だが、法律の解釈と適用については、司法の作用だから、国民の意思に基づいているとは言えず、正統性がないのではないか。裁判員制度はこの正統性を充填するも…

法の守備範囲

法的思考には限界があるが、その限界を確定しなければならないはず。それこそが批判Kritikの役割だ。たとえば、私がいま赤いものを見ているとしよう。この「赤さ」は、「赤さを感じる権利」と同じではない。なぜならば、「赤さを感じる権利」は少しも赤くな…

主観的共同関係

連帯債務における主観的共同関係というものがいまいちよくわからない。結局、「みんなで一緒に払おうよ」という心理的な共同関係なのだろうが、それを法的・論理的にうまく説明できない。200万の債務をA・Bが同じ負担分で連帯して負っているとき、Aが80…

学問の内在化

大学院にいて思ったのは、大学院の性格上、学問を内在化していない人が意外と多かったということだ。学問を内在化するとは、物事を学問的に認識する態度を形成するということだ。法律学についていえば、ただ条文や学説や判例を機械的に覚えるのではなく、そ…

他学部卒

「他学部卒」という私の属性は、私にとってコンプレックスであると同時にプライドでもあり、場合によっては言い訳として機能する。私を規定している属性は他にもたくさんあるが、ここ数年私に強く意識される属性は、ほかでもない「他学部卒」という属性であ…

義務の不履行

義務の不履行という意味では、公法上の義務の不履行も債務不履行も同じである。公法上の義務の不履行に対して、政府は自力執行(過料、代執行など)できる。それに対して、債務不履行の場合は、私人に自力救済が認められていないため、私人は裁判所へ出訴し…

弁論主義

事実の調査・提出、証拠の調査・提出について、裁判所が主導するか当事者が主導するかで、4パターンが考えられる。(1)職権調査・職権証拠調べ、(2)職権調査・証拠の提出の弁論主義、(3)弁論主義・証拠の提出の弁論主義、(4)弁論主義・職権証拠…

故意と違法性の意識

(1)故意と違法性の意識の関係と、(2)故意だけで処罰できるかそれとも違法性の意識がないと処罰できないか、とは多少関係がある。故意と違法性の意識を無関係だと考える立場と、故意によって違法性の意識が擬制されるとする立場がある。故意と違法性の…

会社法の罰則

会社法の罰則の保護法益とはいったい何なのだろうか。特別背任罪とか、虚偽文書行使とかは刑法の延長上で理解できる。会社財産を危うくする罪の保護法益は会社財産であろう。だが、会社財産を危うくする罪で保護される利益は、そもそも刑罰でもって保護する…

law schoolの位置づけというものが、私は結局よく分からなかった気がする。分からないまま卒業してしまった。「理論と実務の架橋」とは言うけれど、理論と実務がそんなにスムーズに接続されていたかは疑問である。むしろ、law school生は、理論と実務の間で…

共謀と契約

お互いに意思を通じ合って何らかの結果を目指すという意味では、刑法の共謀と民法の契約に変わるところはない。ただ、目指す結果が異なる。共謀は法益の侵害を目指し、契約は互いの利益を目指す。だから、意思連絡が未遂に終わったときの効果も異なってくる…

疑う仕事

検察官や裁判官になれば、法廷において、特に刑事の否認事件において、当事者を疑わなければならなくなる。ところで、人間の日常生活というものは信頼関係が基礎であり、それがなければいろんなところで支障をきたす。人を信頼しながら日常生活で物事を運ん…

民事訴訟と刑事訴訟を比べると、やはり刑事訴訟の方が、争いが峻烈な気がする。刑事訴訟では、被疑者・被告人の人権と、実体的真実発見・公益維持という利益がまっこうからぶつかっている。重大な利益同士が火花を散らしているのである。それに対して、民事…

国籍

国籍というものが気味が悪い。国家との「法的紐帯」って意味が分からない。だからいっそのこと、国家を一つの法人としてみることはできないだろうか。もちろん、国家には領土や政府もその構成要素としてあるわけだけれど、政府は会社の機関に対応し、領土は…

慣習法の成立と時効制度は似ている気がする。事実状態の継続と、それを法的なものとする意思によって、事実状態に対応する法的効果が成立するという意味で。慣習法は一般慣行と法的確信、時効は法定期間の事実状態の継続と援用が要件になっている。ただし、…

我々学生は、主要科目とは異なる、先端的・実務的な科目の単位を一定数とらなければならないのだが、それらの科目の教え方に多少疑問がある。私が知りたいのは、それらの科目が、(1)基本科目との関連においてどのように位置づけられるのか、(2)どのよ…

暴力

暴力はいけない、という。だが、社会規範が維持されているのは、まさに背後に暴力が控えているからだ。国家は私人に代位して暴力を行使する。 暴力はいけない、という。だがだまされてはいけない。決裂した紛争を最終的に解決するのは暴力でしかありえない。…

日本国憲法は明治憲法の改正によって基礎付けられるとする説があるようだ。だが、日本国憲法において主権者は国民であり、明治憲法において主権者は天皇である。明治憲法の改正によって日本国憲法を正当化するということは、つまりは天皇の意思によって日本…

契約が原始的に不能でも有効とすべきと潮見佳男は主張している。契約を無効とした場合、調査義務の不履行による損害賠償はできるが、信頼利益しか請求できないとのこと。(契約本体は無効でも、契約に付随する義務は発生するようだ。)たしかに、目的物が滅…