社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

不思議

 ずいぶん前の話になるが、後期の会社法の初めの授業で、私は初めにあてられた。だが、このときのあてられ方が尋常でなかった。教授が誰をあてようか選んでいるとき、当然私は下を向いて動かないようにしていたわけだが、なぜか妙な圧力というか緊張感を感じて、「自分があてられるんじゃないか」と強く思わされた。そしたら案の定あてられた。あれは何だったんだろう。超能力?

広告を非表示にする