社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

まじめさ

 今日四限が終わったら、同級生が、講義で聞き逃したところを私に訊いてきた。私もまた聞き逃していたから、彼の期待にこたえることはできなかった。

 私にはこの手のまじめさがない。聞き逃したらもうそれでいいや、と諦めてしまう。講義は、聴いていて楽しければそれでよい。細かい内容については、忘れても仕方ないと思う。だから講義を録音しようとは思わない。

 だが、法律家には、細かいところまで正確に記憶する能力が求められているような気がする。私はそういうのが大の苦手だ。昔から社会科が苦手だった。たぶん、頭の使い方がまだ法律学に順応していないのだと思う。いまだに理系の脳みそである。メンタリティーもまた然り。こういうところから順応していった方がいいのかな。

広告を非表示にする