社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

終わらない

 試験が終わったが、終わった気がしない。追試がある可能性が高いからだ。特に要件事実。

 しかし、試験のときは何でみんなあんなにたくさん書けるのだろう。私はいつも早々と退室するのだが、これは別に頭の回転が速いからではなく、知識が少ないから書くことも少ないためである。あと、試験に対する執着がとても弱い。だから基本的に見直すことはない。集中力も意欲もないし。

 春休みは司法試験を視野に入れて、択一・論文とも本格的に対策をはじめようと思う。あと、研究大学院の方たちに混ざってドイツ語の勉強もする予定。

広告を非表示にする