社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

進行状況

 択一は、一番進んでいるのが刑訴で、次が刑法である。といっても、5、60ページくらいしか進んでいないが。刑事法はまじめに勉強した甲斐があって、すいすい進んでいく。その点憲法は、前文やら天皇やら主権やら、いい加減に済ましてきたところが先頭にあるのでなかなか進まない。民法も、失踪宣告や行為能力などの知識はいい加減なので、なかなか進まない。行政法は判例がやたら出てくるので、百選などを読みまくっているから進みが遅い。会社法はまじめにやったから比較的速く進んでいる。商法総則や手形・小切手法は独習するしかない。民訴は実は百選を通して読んだことがなかったので、今回丁寧に読んでいる。
 勉強するときは、マインドコントロール(笑)が大事なのだと思う。自分が勉強するように自分の心理をコントロールする能力。少しだらけ気味なので気を引き締めようと思う。勉強するぞ!

広告を非表示にする