社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

斜陽

 高校時代の全国模試の成績表を久々に見てみたら、普通に偏差値85とかとってたんだね。大学も余裕で受かった気がする。合格発表前に合格体験記を書いていたりした。大学でも成績はほとんどAだったし、適性試験も良かった。それが今のていたらくは何だろう。没落の一途をたどってるね。まあ非正規のルートからかなり無理な進路変更をしたからしょうがないといえばしょうがないのだが、自分がとても馬鹿になってしまったみたいだ。だいたい公務員試験の模試でD判定を連発した時点から、何かが吹っ切れてしまった。優等生としてのプライドが変形して、いつの間にか劣等生としてのプライドを持つようになってしまった。ううむ、何か戦う前から精神面で負けている気がするなあ。でも、おかげで昔みたいな自意識過剰がなくなった気がする。法律に関しては成績が悪かったせいで、とても謙虚な人間になれた気がする。でもそれでいいのかなあ。

広告を非表示にする