社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

中身

 やっぱり人間は中身だよなあ。T大卒とか、そういう肩書きを持っていても、実質が伴っていない人を私は多く見てきた。(私もそうかもしれないが。)どれだけ頭が働くか、どれだけ知識が質量ともに備わっているか、どれだけ創造性があるか、どれだけ良い論文が書けるか、どれだけ向上心があるか。女の人を見ていても、化粧や服装が派手な人には逆に魅力を感じない。地味でも性格のいい人や才能のある人の方に魅力を感じる。試験合格という肩書きも、表面的なものになってしまいかねない危険があると思う。真に実力がある人のみが受かるような試験になっているのかどうか私にはよく分からない。まあ問題は簡単なわけで、中身も外側もそれなりのものを備えればいいわけだ。つまり、私は真の実力を備え、なおかつ試験にも受かればよいわけである。

広告を非表示にする