社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

稀少

 受験状況の内訳を見ていたら、我々の大学院で、現役既修で受けなかったのは2・3人のようだ。その中に私もいるわけで、だいぶ稀少な立場のようだ。そっかー、みんな受けたんだ。私は、自分が法律が分かっていないということがいやというほどわかっていたので、結局受けなかった。深刻に考えすぎなのかな。分かってなくても別にいいじゃん、と割り切れなかった。

 受かった人の名前を見ていると、あれ、なんであの人落ちたんだろう、とか、おお、この人頑張ったな〜、とか思う。試験というものは恐ろしい。いろんな要素が作用している。運の問題もあるし精神力の問題もある。それを考えると不安になる。単純に知識を詰め込めばいいわけではないからだ。

 来年はできたら司法書士の試験も受けようと思う。とにかく試験はいい加減な気持ちで余裕を持って受けることだ。適当に受けて適当に受かろう。焦ると逆効果だ。

広告を非表示にする