社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

楽になった

 「受験勉強」を始めたら、忙しくなったが同時に楽になった。ただ与えられたことをこなせばよい。受験に必要な基礎的知識を詰め込めばそれでよい。それ以外何も考える必要がない。「アイディアが浮かばない」とか「本質が分かっていない」とか悩む必要はないし、ましてや「俺ってこんなことやってていいんだろうか」という根本的な問いなど排除される。頭は使っているが、その分余計なことで悩まなくてよいのである。これほど楽なことはない。

 思えば、大学院時代も鬼のように忙しかったがその分楽だった。忙しいことはいろんなことの言い訳にできる。自分の人生を見つめないことの言い訳。自分の生き方を反省しないことの言い訳。他人と誠実に対峙しないことの言い訳。

広告を非表示にする