社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

軽く

 海外に留学している友人とスカイプで話した。この友人は、私の話すことに対して非常に適切でバランスのとれた短い相槌を打つ。物事の本質を見据える目はあるが、それと深く格闘することを避けている。物事との距離の取り方が上手で、非常に軽い生き方をしている。人生など彼にとっては紙上の研究対象でしかないのだろう。

 私ももっと軽く生きよう。何事に対しても誠実である必要はない。見逃していいことはたくさんあるはずだ。それを上手に見逃して、無駄な格闘を避け、本当に必要なことについてだけ深く考えればいい。普段は軽く、必要なときは重く。そのメリハリをつければもっと楽になるはず。

広告を非表示にする