社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

気づいたら

 気づいたら法律を5年間も勉強している。大学出て、国一法律職の勉強を1年。次の年は国一経済職の勉強だったからノーカウント。国一受かってから下三法を急遽半年で詰め込む。それで大学院の試験が11月にあった。試験が終わった後何やってたかあまり覚えてない。たぶん下三法やってたんじゃないかな。ここまでで二年間。そして大学院で二年間。浪人して一年間。計5年間だ。一つのことをこんなに長くやった事がない。正直言って疲れと飽きが多少きている。だが法律は一生使っていくので、これから何十年と付き合っていかなければならない。途中で愛想が尽きないか心配だ。まあ私は多趣味だからきっと大丈夫。

広告を非表示にする