社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

終わった

 試験終わりました。終わったら、自分の地位が全くゼロになったと感じました。これまではしほうしけんじゅけんせいだった。だが、その身分すら剥奪されたように。急にバイトがしたくなりました。身分が欲しくて。実際落ちても、もう試験だけに専念することはできないと思います。

 受験して分かったのは、自分はしほうしけんが要求している法的能力は大体身についているということです。でもミスとか注意不足とかで落ちることは十分あるし、択一はとにかく危ないです。ですが、この一年僕が勉強に専念した理由である、「法律が分かっていない」という理由はもはや通用しなくなりました。僕は博士課程を目指して専門的な勉強を始めるか、バイトを始めるか、いずれかをしなければ、自分のよりどころを確保することができなくなるでしょう。

広告を非表示にする