社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

新しいことばかり

 刑法学や法哲学の専門書を読んでいると、新しいことばかりでめまいがします。それを吸収するので精一杯で、それをもとにいろいろ論じたりできる段階にはまだ達していません。

 ああ、結局バイトしてないなあ。受かった自信があれば、そして実務以外考えていないのであれば、今頃バイトしてたはずです。家業の手伝いもろくにしていないし。

 博士課程の研究計画書は6月末までに書かなければいけないので、それまでに自分の問題意識を固めておく必要があります。それを考えると全然時間が足りない。もっと急いでいろいろ読まないと。

広告を非表示にする