社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

期待に沿えず

 なぜか私の周りには私の才能を高く買ってくれる人が多くいて、「analysis_nz君が落ちるなんて信じられない」とか「analysis_nzさんは才能があるから来年きっと大丈夫ですよ」などと言われたのだが、残念ながら私にはそんなにすごい才能はない。期待に沿えず申し訳ない、とひたすら謝るしかない。だいたい大学院の成績は、全単位の75%がCだったのだ。必修に至っては100%がCだった。こんな俺のどこに才能があるんだよ(笑)。そんなことを指導教官にいったら、「君は未修から入っていたらすごい成績をとっていたと思うよ。」と言われた。これも買いかぶりすぎ。私には大した才能はない。

 今回落ちたことで、もちろん自分が一番落ち込んだわけだが、それ以上に周りの人の期待に沿えなかったことが申し訳なく、また悔しい。傍から見ると私は「聡明で万事優秀」らしい。そんなことないから。勘違いだから。頼むからあまり期待しないでくれ。俺はほんとだめなやつだから。だが、期待に沿えるように、(1)ドイツ語(2)刑法・法哲(3)たくいつ、これらについては最善を尽くし、自分の未来を切り開こうと思う。

広告を非表示にする