社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

研究室訪問

 仙台に研究室訪問に行ってきました。博士課程には、国家試験に受かってから来いとのこと。国家試験合格が、修士論文の代わりの役目を果たすとのこと。初めから修士課程に行ってれば良かったっていう話ですよね。そもそも僕がろーすくーるに行ったのは、とにかく大学院には行きたくて、それでも職に結びつかない大学院は親が許してくれないだろうな、と思ったからです。ろーすくーるは職に結びつく大学院だから、親は何とか許してくれました。だがそれが今になってあだとなるとは。教授も言ってましたが、明らかに僕は研究大学院向きです。

 けれど、国家試験に受かりさえすれば、未来は豊かに開けます。とりあえずこの一年は資格の勉強をしたり語学検定の勉強をしたりして、なんとか自分を正当化しようと思います。無職だと本当に自分を肯定しづらいから。

 いろいろ励ましの言葉をいただきました。具体的には書きませんが、とても嬉しかったです。とりあえず、行政書士と独検2級を目指します。

広告を非表示にする