社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

賀状

 一緒に勉強会をしていて、去年一足先に受かった友人から年賀状が来ました。だいたい次のような内容。

二人でやってきた勉強は間違っていなかったと確信している。今は苦しいかもしれないが君はほんのあと少し・あと一歩だ。君らしく今までやってきたことを出しきれ。応援している。祝杯をあげるのを楽しみにしている。

 僕は次のような返信を書きました。

僕も僕らの勉強は間違っていなかったと確信している。だが僕には受験意識が乏しかった。受験を馬鹿にして学問が優位だと思いあがっていたのが最大の敗因だった。受験はむしろこれから学問をやっていく上で基礎として不可欠だと実感したことが僕の最大の成長だ。今は自信がないが祝杯あげられたらうれしい。

 この友人は本当にできた奴だった。何で僕みたいなやつにこんなに親切にしてくれるのだろう。

広告を非表示にする