社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

かわり

 人間って代替がきくんですよね。悲しいことだけど。僕も今までは、一人一人かけがえのない人だと思って接してきましたが、どうもそれでは身がもたなくなってきた。いちいち別れを惜しんだり、いつまでも昔の友人に執着していたら、ただ辛いだけで前進していきません。代替が利くっていうのは言いすぎだけれど、誰かを失ったら、それを補う誰かというものを得なければ人間やっていけない。そんなことをいまさらながら実感したのでした。

広告を非表示にする