社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

公園

 ローにいた頃、近くの公園でとても癒されていた。何が癒しかというと、自然の木々や空間の広がり、空気の冴え、あたりの静けさが癒しだった。ところが、このブログを「公園」で検索したところ、公園については全く語っていなかった。公園についての記事はもっぱら別のブログで書いていたのだ。それほど、公園にいるときは現実逃避ができていたのだろう。法律のことを何も考えなくても済む空間が公園だったのだ。

 最近は週一で温泉に行く。温泉の癒しがとてつもない。また、温泉に行くまで結構距離があり運動にもなる。

 幸せになりたい。ふとそう思った。幸せは一度諦めたのだが、また幸せを望むようになった。本当にひどいときは、幸せなんて諦めている。だが、幸せを望むようになったということは、一番低い状態よりも少し上の状態になったのだと思う。幸せを望むのは結構負担の要る作業だ。余裕がないときは幸せを望む余裕もない。少し余裕が出てきたのだろう。

広告を非表示にする