社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

方向性

 試験の方向性は見えた。だが、方向性が見えるのが遅すぎた気がする。遅過ぎていないことを願うばかりだ。周りに流されることも必要なのかもしれないと思った。何も考えず周りに流されていれば、少なくとも方向性を誤ることはなかった。少し余計なことを考えてしまったのだね。とにかくこの方向性でいけば大丈夫かも。というか、L3の夏の段階でみんな気づいてるはずだ。変なこだわりがあったからなあ。あとは作業だ。

広告を非表示にする