社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

楽になった

 試験合格というのは、結局研究者になるための条件だったわけです。ところで僕は研究者になりたかった。だからなるべく早く受からなければならなかった。だが、研究者になるということは所詮夢に過ぎなかったのです。そんな夢は諦めます。士業で生きていくのが僕の人生です。夢をあきらめたらすごく楽になりました。とにかく僕はプレッシャーに弱い人間。プレッシャーがあると何もできなくなるので、何かをするためには負担を取り除かなければなりません。
「理想を夢見てきた いいだろう 途中までいい感じだった」
「結局俺はニセモノなんだ」
(Syrup16g「ニセモノ」より)

広告を非表示にする