社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

不足

 合格体験記を読んでいて気付いたのだが、私は勉強の絶対量が少ない。合格者は私の数倍勉強しているような感じである。L3のときからこれだけ勉強すればそれは受かるわな、という感想。ここで言う「勉強」とは、受験に特化した勉強である。肢別を解くとか、答案を書くとか。そういう実践的な勉強の量が、私は圧倒的に不足している。点が取れないのは当然だ。方向性をつかむのが遅すぎた。あと一カ月で何とかなりそうにもないな。やれるだけのことはやってみるけど。できるだけ早いうちに方向性をつかんでひたすら作業する、というのが合格パターンだ。間に合うかな。

広告を非表示にする