社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

存在意義

 僕が実家にいることで、何かとよい事もあるようです。まず留守番になるし、両親の間のちょうどいい緩衝材になる。やっぱり親というものは子供がかわいいものです。子供が一緒にいるだけで嬉しいものなんです。父親がインターネットで分からないことを教えてやったり、母親の話を聞いてやったりします。あと家業を手伝ったり。家族間の温かいコミュニケーションはやっぱり家族全員の心を温め柔らかくするのだと思います。だけれども、この状態に甘んじていてはいけません。僕は次男ですから、いずれは家を建てなければならない。早くから稼がなければならないのです。家庭も築かなければいけない。

「この眼は 余りに 夢の見過ぎで悪くなった」(bump of chicken「続・くだらない唄」)

 僕は非常に目が悪いですが、これは夢の見過ぎです。もっと現実を見れば眼も良くなるかも。

広告を非表示にする