社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

まだ早い

 暇なので受験生のブログを巡回していた。今年三回目の受験になる人のブログを見たら、相当受験勉強してるよ。一日12時間とか信じられん。俺、多分正味10時間も勉強したことないもん。判例・肢別は2・3回まわしたと言っている。ある人は、一回目の受験のとき、俺と同じように択一で下位10%で落ちたと書いていた。みんな勉強量がすごい。俺は諦めるの早すぎてない? まだまだ単純に勉強が足りないだけじゃないかな? 学部からずっと勉強してるから20代をすべて受験で使ってしまった、とか書いてあった。信じられん。そんな世界だったのか。俺みたいなのが冷やかし程度で受かる試験ではなかったんだね。俺みたいなのが冷やかし程度で受けてすぐに諦めていいような甘い試験ではなかったんだね。諦めるのはまだ早いかも。

広告を非表示にする