社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

終わりの後の風景

 人生終わったはずなのに、なぜ毎日がこんなにも正常に動いていくのだろう? そもそもこんな日常なんて存在しないはずじゃないか。人生は終わっているのだから。僕には終りの後の風景が見える。すべてが終わったというのに、目を覚まし、飯を食い、本を読み、胸を焦がしたりする。これは一体何なんだ? 端的に矛盾していないか? 人生は終わったはずなのに。何でこんなに世界は動いていくのだろう。僕にはただ終わりの後の風景が見える。本当は存在しないはずの、だからこそ存在しなければならない、そういう終りの後の風景が。

広告を非表示にする