社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

論文

 法律の教科書は余り面白くないが、論文は面白い。
 高橋宏志「重点講義民事訴訟法」、井田良「変革の時代における理論刑法学」、平井宜雄「損害賠償法の理論」を少しずつ読んでいる。
 「重点講義」は試験の役に立ちそうだが、後二者は役に立ちそうにない。そんな本を読んでると試験に落ちるのだろうか。

広告を非表示にする