社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

政治

ウンベルト・エーコ『永遠のファシズム』(岩波現代文庫)

永遠のファシズム (岩波現代文庫) 作者:ウンベルト・エーコ 発売日: 2018/08/18 メディア: 文庫 作家であるウンベルト・エーコの政治に関する論考を収めた本である。戦争について、その情報技術社会における位置づけや知識人の責任、ネットワーク的生起など…

渡辺靖『白人ナショナリズム』(中公新書)

白人ナショナリズム アメリカを揺るがす「文化的反動」 (中公新書) 作者:渡辺靖 発売日: 2020/05/29 メディア: Kindle版 黒人への暴力行為などで最近注目を浴びている白人ナショナリズム。本書はその実態について概観できる優れた本である。白人ナショナリズ…

佐々木毅『アメリカの保守とリベラル』(講談社学術文庫)

アメリカの保守とリベラル (講談社学術文庫) 作者:佐々木 毅 メディア: 文庫 本書はアメリカの保守とリベラルの対立、またその対立の乗り越えについて論じた基本的文献である。小さな政府を志向し、カトリック道徳に忠実な保守と、大きな政府を志向し、弱者…

内田健三『戦後日本の保守政治』(岩波新書)

戦後日本の保守政治―政治記者の証言 (1969年) (岩波新書) 作者:内田 健三 発売日: 1969/12/20 メディア: 新書 政治記者が書いた本書は、学者が書いたと思うほど整然として無駄がなく情報量が多い。戦後日本の首相の系列を中心に据えて、彼らの足跡を追ってい…

宮本・山口『日本の政治を変える』(岩波現代全書)

徹底討論 日本の政治を変える――これまでとこれから (岩波現代全書) 作者:宮本 太郎,山口 二郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/03/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) 「曲がり角を適切に曲がれなかった」日本政治を省みている本。戦後日本の政治…

速水健朗『フード左翼とフード右翼』(朝日新書)

フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書) 作者: 速水健朗 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2013/12/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (36件) を見る 食の傾向から政治意識を読み解いてみた本。 食の傾向により、人々をフード…