社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

理論を実践することは可能か

 先日恩師と話す機会があり、その中で「お前ももう40になるんだから理論を実践することを考えろ」という話題が上がった。だが、理論を実践することはそれほど簡単だろうか。それは理論を実践する場によって異なると思われる。

 例えば健康法の理論があり、それを個人で実践する場合には何の問題も生じない。例えば代謝を上げるために筋トレをする、それを個人的に実行している分には何の問題も生じない。だが、社会についての理論はどうだろうか。例えば共産主義体制を実現するために革命を起こすという極端な例を考えると、あまりにも多くの人たちを巻き込むためにそもそも実現が困難であるし、多くの人たちを困惑させるだろう。

 私が今念頭に置いているのは、仕事についての理論である。こう働けばいいのではないか、そんな理論が世の中にはあふれていて、中には信頼できる学者の書いた優れた理論もある。そういう理論についてはぜひとも実践して自らの業務効率を上げたいものである。だが、職場という場で特定の理論に基づいた働き方をすることは、職場の人間を多少なりとも巻き込むため、実践が幾分厄介である。

 例えば、どんな相手でも尊重する、いつも笑顔を絶やさない、抑圧的な態度を取らない、そういう実践は比較的軋轢を生まない。これについて職場という世間は特に口をさしはさまない。だが、朝残業して定時に帰るという実践はどうだろうか。朝は仕事の効率が上がるし、定時以降は家族との時間を大事にする必要がある。私は実際にこれを実践していて、自分が朝型であること、また現在育児中であることもあり、毎日朝残業して定時には上がるようにしている。

 だが、こういう働き方に関する理論の実践はいくぶん軋轢を生む。なぜなら、私の職場という世間では朝始業近くに出勤して夜残業することのほうが一般的であるからだ。一般的でない働き方をしていると非難の対象になったり、排除されたり悪口を言われたりする。そのリスクを取ってまで理論を実践すべきだろうか。

 だが、私の働き方は特に誰かに迷惑をかけているわけでもない。違法でもないし、契約内容は履行している。ただ職場という世間からは浮いてしまうというだけだ。だが、私はそのような働き方をしているからこそ、短時間でそれなりの業務をこなすことが可能になっている。実践は効果を生んでいるのである。

 結局、理論の実践は場を選ぶ。個人的に個人の場で行う場合は一向にかまわない。だが個人的にであれ世間という場で行うのは、世間の一般慣習と抵触するために周囲から冷たい目で見られることがある。だが、そのような世間の同調圧力に屈しているようでは何事もなしえないのではないか。さらに他人を巻き込む理論の実践においては他人を説得する必要も生じてくるため難易度が高い。同調圧力などに負けているようでは他人を巻き込む理論の実践などできるはずもないのだ。

 まずは強靭な信念を持つということ。そして個人として確立してあるということ。個人として確立するために自分なりの物の考え方をしっかり持つこと。この理論に基づく強靭な個人主義が理論の実践のためには必要なのである。周囲の同調圧力に屈しないあえて空気を読まない生き方をしていかないと、よりよい生き方は実現できない。世間の目ばかり気にしているようでは何事もなしえないのである。

鴻上・佐藤『同調圧力』(講談社現代新書)

 

 日本社会の息苦しさを生み出している同調圧力について分析した本。同調圧力とは「みんなと同じに」という命令であり、日本は世界でも同調圧力が突出して高い国である。同調圧力は多数派の価値観を押し付け少数者を排除しようとする。そして同調圧力を生み出しているのが世間なのである。

 世間と社会は異なる。社会は契約関係や個人主義、平等性や合理性が支配するのに対し、世間は互酬関係や集団主義、排他性や非合理性が支配する。日本人は世間によってがんじがらめに縛られてきていて、世間が本音で社会は建前になっている。世間のルールは4つある。お返しのルール、身分制のルール、人間平等主義のルール、呪術性のルールである。

 私などは大学院で法律を学んだため、どちらかというと世間に属しているというよりは社会に属している意識が強い。世間の非合理性や排他性が鬱陶しくて、何事も合理的に平等に処理したがる。だから、私などは日本社会の中では多少浮いた存在であり、排除の対象となりやすい存在だと思う。だが、そういう個人主義の人間ほど、少しずつ周りに影響を与え、日本の同調圧力の強さを少しでも弱める方向へと働きかけ、分断と排除を生み出す世間の力を弱めることができる。とても興味深い対談だった。

吉見俊哉『東京復興ならず』(中公新書)

 

 戦後の東京の歩みを文化都市構想の挫折というテーマで描いた本。終戦直後の日本では、日本を文化の力で復興しようという動きがあった。東京への一極集中ではなく、分散的な都市ネットワークのなかに大学街や娯楽街を配置し緑と文化の首都を実現する構想があった。だがこの文化としての東京は実現しなかった。東京は速く、高く、強いオリンピックシティとなってしまったのである。一方で、東京は回帰的で循環的な成熟を迎えることができず、直線的に成長を続けることで成熟という復興を成し遂げることができなかった。

 本書は東京の戦後史を丹念に追いながら、そこに都市としての成熟の問題、復興の問題を主題として絡めている。吉見は基本的に日本の歴史については悲観的な学者だと思うが、本書においてもそのペシミズムは十分発揮されている。だが、このような現状批判のほうが盲目な現状肯定よりも学ぶ点が多くすぐれていると感じる。該博な知識に裏付けられた論旨には説得力があり、相変わらず重厚で読みごたえがあった。

育児休業を取ってみて感じたこと

 妻の出産に伴い、生後百日は大変だろうということで、生後70日は里帰り先の妻の実家の義両親にサポートしてもらい、里帰りから戻ってきてその後の30日を、私が育児休業をとってサポートした。実際に育児に専念してみて色々感じたことがある。

1.ものの見方が変わる

 町の中を歩いていて、赤ん坊がいるとついつい注意深く見るようになった。この子は生後何カ月ぐらいだろうと思ったり、抱っこ紐の使い方やベビーカーの使い方などをよく見るようになった。また、スーパーなどで子どもが遊べるスペースなどをよく見るようになり、医者などに行っても子どものことはよく観察する。総じて、子どもに関することを見る解像度が上がった。

2.ケアについて考えが深まる

 育児とは赤ん坊をケアするということであるが、実際にケアする体験を通してそもそもケアとは何であるかといういくぶん哲学的な問題に思いをはせるようになった。ケアとは人間関係の根底に常にあるものであり、相手への根底的な肯定であり、身体性が非常に重要となる営みである。

3.産後クライシスを回避できる

 育児はなかなかつらい労働であるため、それを妻一人に押し付けると妻の不満が鬱積する。そこを上手にシェアして、夫の側でも育児を十分に行うことで妻の不満をやわらげ、夫婦関係の悪化を避けることができる。実際、育児休業をとったおかげで私は妻に感謝され、妻の不満が爆発することもなくスムーズに次の段階へと移行することができた。

4.わが子に尽くすことができる

 自分の子供というものはとてもかわいいものである。私は子供が生まれて何度も幸福感を感じることがあった。その子供にいろいろしてあげられるというのは、大変ではあるけれども幸せなことでもある。自分の子供のかわいさを感じながら自分の子供にしてあげられることをしてあげる、こんな大切な経験はまたとない。

5.世のお母さんたちに尊敬の念を抱くようになる

 とにかく、これだけ大変な育児をして子を育て上げた世のお母さんたちは素晴らしい。もちろん自分の母親も素晴らしいわけであるが。自分の親がいかに苦労したかもわかるし、そうすると親への見方も変わってくる。また、一般的に母親というものの偉大さが嫌というほどわかる。

辻村みよ子『ポジティヴ・アクション』(岩波新書)

 

 ポジティヴ・アクションとは、人種や性別などに由来する事実上の格差がある場合、それを解消して実質的な平等を実現するための積極的改善措置のことである。人種・性別のほか、障害の有無、階層、言語、宗教などによる格差も是正する。例えば政治の分野では議員の男女比が日本では圧倒的に男性優位に傾いている。それでは政治の舞台で女性の声を反映することが難しいため、そのような現状を打開するために女性議員の比率を上げる措置をする。そういう措置がポジティヴ・アクションである。

 行政分野では、公務員の女性管理職の比率が低いことから、それを高める措置が考えられる。雇用分野では、女性の能力の有効発揮による経営効率化、女性管理職の増加が考えられる。学術分野では、女性研究者の比率をもっと上げる。代表的な制度としてはクオータ制があり、性別などを基準に一定の人数や比率を割り当てる手法がある。もちろん、例えば女性を優遇すればそれによって男性には逆差別が生じるのであり、憲法問題が生じるが、格差是正という利益と比較考量するとそれほど違憲の問題は生じない。

 本書はポジティヴ・アクションの包括的な入門書であり、日本の抱える問題点を指摘したうえ、諸外国の事例を参考にし、日本でどのような措置がとれるか憲法問題も考慮しながら考えている。確かに日本は男性支配の社会であり、これはいくぶん強制的にでも是正しなければいけないのかもしれない。社会を変えるためには、まずはこういうところから変えていくのが筋かもしれない。