社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

疲れ

 今日は、朝起きて教科書(債権総論)を10ページほど読んだところで疲れてしまって、仕方ないのでそのあと映画を観て、日常品の買い物に行った。疲れる頻度が狭まってやしないか? 少なくとも5日間連続で働かなければならない社会だというのに、3日間勉強した程度で疲れを起こしたのでは先が思いやられる。最近は睡眠もそこそこ取れているのに。無意識的なプレッシャーが常に少しずつ蓄積していて、それが疲れとなって現れているのだろうか。試験というものは恐ろしい。

広告を非表示にする