社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

悪意

 悪意ある読者というものは困る。ブログやツイッターなどをやっていると、当然、好意を持っているわけでもない人にも読まれるわけで、それはある程度覚悟しなければならないのだが、やはり温かい目で見守っていてほしい。冷やかしたり嘲笑したり軽蔑したりする読者はお断りだ。まっとうな批判なら受けて立つが、悪意は要らないよ。甘えているのかなあ。ブログを書いたりツイートしたりする行為自体がたぶん甘えなんだと思う。好意的に読んでくれているリピーターに甘えているのだ。でも少しくらい甘えてもいいよね。ここは寒くて乾いているよ。

広告を非表示にする