社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

希望

 最近希望が見えてきました。これは嬉しいこと。択一は確実に伸びているし、仮に前回提出した論文の点数が悪くても、どこが悪いか見極めて改善していけば、なんとかなるんじゃないか。この「なんとかなるんじゃないか」に到達するまでが長く苦しかった・・・。ローにいた頃は卒業するので精一杯。受かれるなんて微塵も思わなかった。だから受けなかった。初回の試験は大失敗でこれまた自信や希望を失わせるものだった。夏の模試も悪かった。だが、やっぱりこないだの模試で自分の伸びを確認できたことは大きかった。なんとかならなくても資格で食っていけるんです。法律をやったことのメリットはそれです。将来生活で困ることはない。何という希望!

広告を非表示にする