社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

ミルチャ・エリアーデ『聖と俗』(法政大学出版局)

 

  宗教とは何か、という本質的な問題に取り組んだ本。

 聖なるものは俗なるものとは異なった神秘的なものとして顕れる。これを聖体示現という。全くの他者、この世ならざる一つの実在がこの自然の俗なる世界に現れるのである。聖なるものとは力であり、実在そのものである。

 宗教的人間にとって空間は均質ではない。聖なる空間と俗なる空間に分かれる。聖なる空間は秩序だっており、宇宙の中心であり、人々は住居や神殿を構えるごとに聖なる空間を作り出してきた。

 宗教的人間にとって時間も均質ではない。聖なる時の期間、祭りの時がある一方、俗なる時間もある。聖なる時間は永遠の現在であり、何度も繰り返されるものである。

 本書は著名な宗教学者であるエリアーデが宗教の本質に迫ったもので、多数の具体例を挙げながら宗教とはどういうものかについて解説がなされている。いわば宗教の普遍理論であり、特定の宗教に偏ったものではない。宗教哲学の基本書であろう。

篠田英朗『ほんとうの憲法』(ちくま新書)

 

ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判 (ちくま新書 1267)

ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判 (ちくま新書 1267)

 

  国際協調主義を重視する立場から憲法学の通説を批判する本。

 日本ではドイツ憲法学の系統を踏襲した東大法学部の憲法学が権威を有している。だが、そこで主張される国民主権が国歌を制約するという立憲主義はそもそも憲法の成り立ちからしてそぐわないのではないか。むしろ、日本国憲法アメリ憲法から多大な影響を受けたという歴史的事実、そして不戦条約からも影響を受けたという事実を重視するべきである。

 アメリカ法において、絶対的な主権というものは存在しない。国家は契約で出来上がっており、国民の権利ですら他のモメントから制約を受ける。ここには絶対的な主権など存在せず、それゆえそれに抵抗する人民の主権などというロマンも成立しない。

 また、日本国憲法国連憲章など平和を規定する国際条約の焼き直しに過ぎず、特に新たに平和を宣言したものではない。憲法九条は国際条約を守るという意味しか持たず、それを必要以上に美化することはできない。

 本書は日本憲法学の通説を国際協調主義、そしてアメリカ法からの影響の観点から批判したものである。憲法9条をめぐる議論は錯綜しており、様々な思惑が交錯しているが、そういった憲法をめぐる問題に筋の通った一貫した批判理論を提示している。国民主権はそんなにロマンチックなものでもないし、平和主義もありきたりなものである。日本憲法学の幻想を打ち砕き、歴史と整合的な憲法解釈を示す良書である。

大和田敢太『職場のハラスメント』(中公新書)

 

  職場のハラスメントについて、その実態を踏まえたうえで問題の本質に迫る。

 ハラスメントとは、広く労働に関連し、労働者の人格や尊厳を侵す行為、権利を侵す行為、労働条件を悪化させる行為である。ハラスメントには多様なものがあるが、それらはいずれも個人間の問題ではなく経営上の問題であり、社会的規制が必要な問題であり、構造的問題である。

 ハラスメントは諸外国において法的に規制されている。例えばベルギーでは事前規制がなされ、フランスでは事後規制がなされている。ベルギーはハラスメントの防止を重視し、使用者の義務を明確化し、専門スタッフの役割を強化している。フランスではハラスメントについて刑事罰が科されている。

 日本においても、ハラスメントに対する被害者救済制度・権利保障が求められている。使用者はハラスメント防止に努める必要があるし、労働者はハラスメント防止施策に積極的に参加する責務があり、外部機関の設置も必要である。

 本書は現代日本で深刻化するハラスメントについて包括的で網羅的な記述を行っている。日本でも最近ようやくハラスメント防止の法制化が始まったが、国際的に見て非常に遅れていると言わざるを得ない。労働者の人権がそれほど重視されていなかったのだと思われる。いまや日本も人権意識が高揚し、人権思想が根付き始めている。ハラスメントとはまさに人権の問題であり、社会の問題であるのだ。とてもためになった。

服部泰宏『採用学』(新潮新書)

 

採用学 (新潮選書)

採用学 (新潮選書)

 

  優秀な人材を採用するための方法を科学的に提言する本。

 採用力=採用リソースの豊富さ×採用デザイン力 である。採用のために動員できる予算や人的資源、人脈やブランド力に、優秀な人材を選抜できる採用方式を考案する力をかけたものが優秀な人材を採用することのできる能力である。

 研究によって、人間にはトレーニングによって変わりやすい能力と、トレーニングしても容易に変わらない能力があることが分かっている。変わりやすい能力としてはコミュニケーション能力、変わらない能力としては知能が代表例として挙げられる。採用に当たっては、訓練によって変わりにくい能力を重視すべきであり、コミュニケーション能力のような変わりやすい能力を重視すべきでない。

 採用についても科学的なロジックと厳密なデータに基づいたエビデンスに基づき、経営学的手法による実践が望ましい。

 本書は、経営学の理論を採用という旧来あいまいに行われてきた領域に導入した画期的な本である。採用ほど経験や勘・フィーリングで行われてきた領域は少ないだろう。そこでは落とすべき人が採用され落とすべきでない人が採用されないという不具合が生じていた。それに対して優秀な人をほぼ間違いなく採用するためのロジックを提供するのが本書である。良書である。

藤谷俊雄『「おかげまいり」と「ええじゃないか」』(岩波新書)

 

「おかげまいり」と「ええじゃないか」 (岩波新書 青版 680)
 

  近世日本の民衆解放運動としての「おかげまいり」と「ええじゃないか」について詳説した本。

 日本には伊勢神宮へ遠路はるばるお参りする風習があり、それが近世においては何度か大規模に行われ、それをおかげまいりという。おかげまいりの際には、富豪が参拝者に施しを行ったり、また交通や商業が発達したりなど様々な効果を及ぼした。

 おかげまいりは封建的支配関係に身分的に束縛されている民衆が宗教的な形態で自己を解放するものであった。また、おかげまいりにおける様々な階層の民衆の人的ふれあいは、経済的物質的交流や農業技術の交流などを通して民族形成を推進した。

 日本史の中であまり多くの議論を呼ばないマイナーな論点であるおかげまいりとええじゃないかであるが、そこには近世日本の社会構造や近世日本の発展構造が反映されていた。近世において民衆はただ抑圧されるだけでなく、様々な仕方でそのエネルギーを解放していたのだということがわかる。