社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

出世拒否

 私は地方の比較的大きな企業に勤めている。比較的地位は安定しているが、組織の体質が古く、今までひどく苦労してきた。
 入社一年目は良い上司と同僚に恵まれ、また結果を残すことができて順調だった。ところが二年目は打って変わって超ブラックな職場になった。まず与えられる仕事が過多で、いくら残業しても終わらず、休日出勤は当たり前、それでも仕事は終わらずに毎日のように上司に怒鳴られた。私は入社二年目で初めて直面する仕事が多く、にもかかわらずサポート体制はまったくなっていなかった。上司も先輩も仕事を教えることができず、私は仕事のやり方もわからないままただ怒鳴られ続け、精神的に追い詰められた。そして、ある日上司から30分間にわたる罵倒を受けて抑うつ状態になり、休職・配転となった。
 その後復職となったわけだが、問題を起こした部署と上司はろくに責任も取らず、あたかも私に重大な問題があったかのような整理がなされた。結局問題が起きたら若手に責任が転嫁されるのである。管理職は責任逃れのために、私について様々な悪い評価をでっち上げた。それゆえ、受け入れ先の課で私は非常に働きづらい思いをした。課長からして私を問題職員扱い、なんとかいじめてやめさせてやろうとしてきた。明らかなパワハラ事案だが、問題はきれいに隠蔽され、責任は私に転嫁された。「俺だったらあいつを面接で落とす」「採用を取り消す」「精神的に弱い」など様々なことを言われた。
 私はかろうじて二年目をやり過ごし、三年目に支店に出た。支店に出てようやく解放されたかと思ったら、そこの上司がまた性格に難ありで、私の仕事の不慣れなところに散々付け込んできた。だが三年目はなんとか鬱にならずに辛うじてやり過ごし、四年目にその上司のことをすべてまとめて上に告げ口した。それからその上司はおとなしくなった。四年間で二回パワハラの被害に遭ったことになる。
 わたしは、弊社の平均に比べて学歴が高い。もともと学者肌の人間で組織をうまく渡り歩くことには向いていないのかもしれない。それでも、このような経緯があって、組織の中の人間がいかに醜いかということを嫌というほど知らされた。自分に傷がつかないため、つまり保身のために他人に責任転嫁をしたり、高学歴に嫉妬して足を引っ張って来たり、そうやって他人の評価を低める反面自分の評価を高めようとする。そこまでして出世にこだわる必要などあるだろうか。私は端的に組織の人間たちの出世欲の被害者である。だったら自分は絶対出世などしてやるものか。責任はちゃんと引き受ける。他人の足を引っ張らない。困っている人がいたら助ける。そういう当たり前のことをしていきたい。出世拒否してよろしいか。

広告を非表示にする

長谷川三千子『神やぶれたまはず』(中公文庫)

 

  日本人にとって敗戦とは何であったかについて、文学作品などを手引きに論じている評論。

 敗戦は、日本人にとって何か絶対的な瞬間であり、それは天籟の音が鳴り響くような瞬間だった。日本人の多くは戦争によって死ぬ覚悟だったが、玉音放送は日本人に「生きよ」、と呼びかけた。それは、自らの死を天皇という神に与えることで、そこに一種の宗教を完結させようとする日本人をみな裏切る行為だったのだ。戦争は日本人が神に殉じることのできる唯一の時空間だった。敗戦において日本人は神に裏切られたのだった。

 本書は第二次世界大戦終結時における日本人の精神史であり、そこで一体どのようなドラマが起こったのかを精緻に解き明かしたテクストである。大変優れた論考なので、いろんな方にお薦めしたい。

乗松亨平『ロシアあるいは対立の亡霊』(講談社選書メチエ)

 

  ロシアはかつて「第二世界」であった。そのとき、ロシアのアイデンティティは「私はXにとって他者である」というものだった。冷戦後、ロシアが第二世界でなくなっても第二世界の亡霊は生き続け、ロシア思想では繰り返しこの主題が変奏された。

 例えば、「私は私にとって他者である」として「私」を内部分裂させるとか、「私」と「X」の「あいだ」を新たな対抗原理にするなど、対立の物語をさらに終わらせるために、対立を消尽すべく変奏し続ける思考の物語があった。

 本書はロシアのポストモダン思想について、その第二世界としての来歴をいつまでも引きずったものとして紹介している。ロシアは結局「~ではない」という消極的な自己規定にとらわれてしまった。冷戦の残滓はいまだにロシア思想に根強く残っていることが分かる。

伊藤邦武『プラグマティズム入門』(ちくま新書)

 

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

 

  プラグマティズムについて、その発生から現在に至るまでの流れを概説した入門書である。

 パースによれば、思想の意義とは、その思想がいかなる行為を生み出すのに適しているかである。真理とは道具であり、うまく物と物との間をつなぎ、我々の経験の一つの部分から他の部分へと順調に我々を運んで行ってくれるものである。

 このように、プラグマティズムとは思想や真理といった概念を明晰化する理論であり、人間の知的活動の持つべき探求方法についての理論である。プラグマティズムは、我々の探求が弾力的で可謬的であるという反デカルト主義を掲げ、また真理は有用な道具にすぎず複数ありうるという多元主義を掲げる。

 「プラグマティズム」という言葉は、「実践主義」のような意味で日常語のように使われたりするが、その哲学的な意味はこうだよ、と丁寧に解説してくれる本。現実的で柔軟で前進的なその思想に魅惑される人は多いと思う。特に日本の風土に何らかの違和感を感じている人は、割とプラグマティズムに惹かれると思う。

赤江達也『矢内原忠雄』(岩波新書)

 

矢内原忠雄――戦争と知識人の使命 (岩波新書)

矢内原忠雄――戦争と知識人の使命 (岩波新書)

 

  戦時の筆禍事件である「矢内原事件」でよく知られており、また東大の二代目総長を務めた矢内原忠雄の評伝である。

 矢内原は内村鑑三の影響を受けた無教会主義のキリスト教信者で、自らを予言者として伝道活動を続けた。日本には天皇を神とする宗教ナショナリズムがあったが、矢内原はあくまでキリスト教の神を普遍者とし、天皇はあくまで「民族精神の理想型」として臣民を従えるとする宗教ナショナリズムを展開する。戦後、平和国家の思想が生まれると、矢内原はそこに「神の国」としての独特の意味付けを与える。また、人間は神と向き合うことで初めて主体的で自律的な存在となるとした。

 矢内原の生き方は信仰に根差したものなので、信仰を持たない私としては容易に感情移入できるものではなかった。だが、信仰に根差したうえできちんと人間や社会に対する自らの理論を組み立てて論説していく様は、単なる宗教者を超える知性を感じさせる。本書では矢内原の学者としての側面には大きく触れていないが、学殖があってこその強固で理論的な布教活動であると思われる。