社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

夢を見ていた

 今の会社組織に入ってもう5年になる。私は大学院で法律を修めたコンプライアンス世代であり、現実社会に出てみると法的にアウトなことが割と普通に行われていることを知った。暴行や脅迫、名誉毀損、ハラスメント、そういった行為が現実社会では割とカジュアルに存在する。さすがの私もいちいち目くじらは立てなかったが、自分が重度の被害者になったときにはさすがに声を上げた。だが、声を上げれば角が立つばかりであり、現実はほとんど変わらなかった。私の事例はその種の事例のただの一事例としてしか取り扱われなかった。私は現実を変えることができなかったのである。
 だが、見方を変えると、そもそも組織というものはそういう構造を備えているのだということが分かる。体制を変える権限があるのは上層部の人間だけだ。私のような下層の人間は担当する職務をこなす権限しか割り当てられていない。そのような下層の人間が体制を変えろと言ったところでそもそも権限がない。ただそのような声が下から上がって来たという一事例として上層部は認識するだけである。そして、たかだかそのような一事例のみによって体制がドラスティックに変わるわけがないのだ。組織には多様なアクターがおり、複雑な力関係が形成されているわけであるから、その力関係の渦の中に巻き込まれて、私の小さな声などかき消されてしまう。
 私は夢を見ていた。おかしいことをおかしいと言えば現実は変わるという夢を見ていた。だが、組織の構造はそのように出来上がっていない。友人間の問題や家族間の問題なら容易に現実は変わるかもしれない。だが、多様なアクターが複雑に影響力を行使している組織というものの中で、権限のない者がいくら声を上げても一つの事例としてしか取り扱われないのである。それは初めから現実を変える力を持たない。
 私は思った。自分の主張をすればするだけ立場が悪くなる。今は雌伏のときである。じっと耐えて、仕事をとにかく淡々とこなし、いつか権限を手に入れたら少しずつ体制を変化させるのだ。今は我慢のときなのだ、と。

人間関係の改善のために

 人間は長い人生の間、人間関係が悪化することがままある。だがその際に一番やってはいけないことは、「こいつが悪い」「あいつが悪い」という犯人捜しである。誰かを犯人に仕立て上げれば問題は解決するどころか一層悪化する。人間関係が悪化するとき、多くの場合は場の構造やコミュニケーションの相性に問題がある。場の構造やコミュニケーションスキルを改善することで人間関係が改善されることはよくあることである。
 例えば、お金がなくて困っている夫婦が双方のお金の使い方でけんかをしているとする。この場合どちらかが悪いのではなく、単純に貧しいことが問題なのである。だからその夫婦は不毛なけんかや悪者探しをすることより、まずは所得を上げることに注力すべきである。要するに、問題を生み出している場の構造を改善することにより、人間関係も改善するのである。
 例えば、攻撃的な上司が気弱な部下をいじめているとする。この場合、攻撃的な上司は部下を尊重できていないし、気弱な部下は自己を主張できていない。お互いにコミュニケーションスキルに問題があるのである。攻撃的な上司は部下の尊厳を認め、部下は自分の言いたいことをもっと主張するようにする。そのようにコミュニケーションの仕方を変えることで問題は改善する。
 もちろん、集団の中には腐ったリンゴがいるかもしれない。問題を生み出す元凶となる人がいるかもしれない。だが、そういう人に問題を起こさせないように場の構造を変えていく、周りの人間たちがコミュニケーションの取り方を工夫する、それだけで人間関係の問題は大幅に改善されるはずである。
 繰り返すが、人間関係の問題で一番よくないのが犯人捜しである。誰かが悪いわけではなく、場の構造やコミュニケーションスキルの改善が必要なだけなのだ。そこの意識を取り違えないようにしよう。

家永三郎『革命思想の先駆者』(岩波新書)

 

革命思想の先駆者―植木枝盛の人と思想 (岩波新書 青版 224)
 

  自由民権運動の立役者である植木枝盛の人と思想を紹介した本。

 植木枝盛は明治の時代に、翻訳書により欧米の人権思想を吸収しながら政治活動や言論活動を行った。それはフランス革命アメリカ独立宣言などに影響された人権思想に基づく革命の考えだった。

 植木は、政府や国家は人民のためにあると考えた。政府や国家は人民を抑圧するのではなく、人民の権利を全うするために存在する。また、国家は人民の意思に基づき成立するのだから、普通選挙や男女の平等は必須であると考えた。さらに、勤労民衆が当時貧困にあえいでいたことから、勤労民衆の団結の権利を訴えた。また、不平等な封建思想である家父長制を廃止することを提唱。

 植木の思想は敗戦後現実のものとはなるが、それにしてもだいぶ時代を先駆けていた。だが、日本がいまだに封建思想で閉ざされていた時にいち早く欧米の事情から学び、社会のより良い改革を唱えた先見性は素晴らしい。自由民権運動は言わば早すぎた思想だった。社会の地盤の方をじっくり変えていかないと根付かない急進的な思想だった。社会運動のやり方についても考えさせられる。

岸政彦『はじめての沖縄』(新曜社)

 

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)

 

  沖縄の人々の生活史を描いてきた社会学者による沖縄の入門書。

 本土と沖縄の間には明確な境界線がある。その境界線を無化してしまわず、あくまでその境界線を前提に多様性について語ること。沖縄についてはそのようにして語るべきだ。本土と沖縄には越えられない非対称性、差別的関係がある。それを忘れてはいけない。

 本書では、本土と沖縄の境界線を踏まえたうえで、著者による沖縄についてのエッセイ的断片がたくさん書かれている。本書は分類が難しい本だ。歴史の本とも思想の本ともエッセイの本とも思える。岸のこの手の文章の書き方は『断片的なものの社会学』に通じる。岸独特の文体で沖縄の問題や歴史に迫っている。

山脇直司『公共哲学からの応答』(筑摩選書)

 

公共哲学からの応答―3・11の衝撃の後で (筑摩選書)

公共哲学からの応答―3・11の衝撃の後で (筑摩選書)

 

  3・11に対して公共哲学の立場から議論を投げかけたもの。

 人々の支え合いと活気ある社会を作ることに向けた当事者の自発的な協働の場が「新しい公共」である。そのために、私という個人一人一人を生かしながら人々の公共を開花させ政府の公的活動を開いていく「活私開公」、そしてそれを補完するものとしての公務員等による「他者のために私利私欲を捨てて人々の活私開公を実現させる」「滅私開公」が必要である。

 メディアや宗教は、人々に虚構を植え付けるものや原理主義を植え付けるものではなく、人々に開かれた議論の場を提供し友愛と寛容の機運を育むために活かされるべきである。また、今回の事件で技術は自然を制御できないことが明らかになったし、技術は人々を破滅に導きかねないことが明らかになった。科学技術を利用する倫理が問われている。また、グローバルな正義はグローバルな人権論になっており、環境的正義や関係修復的正義が重要になっている。

 本書は公共哲学の主唱者である山脇が、自身の立場から3・11への応答を試みたものである。これまでの山脇の主張と重複する部分もだいぶあるが、様々な哲学者の知見を自分なりに読み替えながら危機へ応答していこうとする意欲は買いたい。やはり3・11へは感情的に応答するだけでなく、このような理性的で倫理的な応答が必要だと思う。