社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

伊藤邦武『プラグマティズム入門』(ちくま新書)

 

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

 

  プラグマティズムについて、その発生から現在に至るまでの流れを概説した入門書である。

 パースによれば、思想の意義とは、その思想がいかなる行為を生み出すのに適しているかである。真理とは道具であり、うまく物と物との間をつなぎ、我々の経験の一つの部分から他の部分へと順調に我々を運んで行ってくれるものである。

 このように、プラグマティズムとは思想や真理といった概念を明晰化する理論であり、人間の知的活動の持つべき探求方法についての理論である。プラグマティズムは、我々の探求が弾力的で可謬的であるという反デカルト主義を掲げ、また真理は有用な道具にすぎず複数ありうるという多元主義を掲げる。

 「プラグマティズム」という言葉は、「実践主義」のような意味で日常語のように使われたりするが、その哲学的な意味はこうだよ、と丁寧に解説してくれる本。現実的で柔軟で前進的なその思想に魅惑される人は多いと思う。特に日本の風土に何らかの違和感を感じている人は、割とプラグマティズムに惹かれると思う。

赤江達也『矢内原忠雄』(岩波新書)

 

矢内原忠雄――戦争と知識人の使命 (岩波新書)

矢内原忠雄――戦争と知識人の使命 (岩波新書)

 

  戦時の筆禍事件である「矢内原事件」でよく知られており、また東大の二代目総長を務めた矢内原忠雄の評伝である。

 矢内原は内村鑑三の影響を受けた無教会主義のキリスト教信者で、自らを予言者として伝道活動を続けた。日本には天皇を神とする宗教ナショナリズムがあったが、矢内原はあくまでキリスト教の神を普遍者とし、天皇はあくまで「民族精神の理想型」として臣民を従えるとする宗教ナショナリズムを展開する。戦後、平和国家の思想が生まれると、矢内原はそこに「神の国」としての独特の意味付けを与える。また、人間は神と向き合うことで初めて主体的で自律的な存在となるとした。

 矢内原の生き方は信仰に根差したものなので、信仰を持たない私としては容易に感情移入できるものではなかった。だが、信仰に根差したうえできちんと人間や社会に対する自らの理論を組み立てて論説していく様は、単なる宗教者を超える知性を感じさせる。本書では矢内原の学者としての側面には大きく触れていないが、学殖があってこその強固で理論的な布教活動であると思われる。

菅香子『共同体のかたち』(講談社選書メチエ)

 

共同体のかたち イメージと人々の存在をめぐって (講談社選書メチエ)

共同体のかたち イメージと人々の存在をめぐって (講談社選書メチエ)

 

  芸術作品のイメージは従来政治的なものとして機能してきた。皇帝の肖像やキリスト教の聖人像は、それを共有する人たちの政治的共同体を形成してきた。イメージは人々が経験を共有する軸として権力を帯びていたのである。

 だが、近代の政治権力が生を管理する「生政治」となったとき、人間の主体は崩壊し、主体を前提とした共同体が破壊され、現代において芸術は「エクスポジション」つまりさらされるものとなった。そこにおいて人々は露呈され、露呈されるところで「共同性」が成立するようになった。

 本書は芸術作品と共同性をめぐる考察であり、それが伝統的には政治的なものであったにもかかわらず、現代においては政治以前の生の共同性として顕われていることを論じたものである。そこには絶滅収容所で人間がただの生き物としてさらされた歴史的経験が重きをなしている。主張自体も面白いものだが、様々な美術批評の基本論点がちりばめられており、美術批評入門的な装いがある。美術批評を初めて読む人にもお薦めできる。

片山善博・糸賀雅児『地方自治と図書館』(勁草書房)

 

地方自治と図書館: 地方再生の切り札「知の地域づくり」
 

  鳥取県知事・総務大臣を務めた片山と学者の糸賀による共著。図書館を、これからの知的立国を支える国民を育てる場、また事業を行う人々が知識を得る場、国民が適切に知を獲得し民主主義を充実させる場、またまちづくりや地方創生を導く場としてとらえている。そして、そのような図書館という貴重な場を支援するために具体的に交付した交付金の話など出てくる。図書館が地方自治に果たす役割を論じ、実際に地方自治に資するために拠出した交付金の成果を報告している本である。

 正直図書館にここまで積極的な意義を見出すことができるとは思わなかった。だが、確かに本を借りるだけの場ではなく、もっと多様な応用可能性がある場だということはよくわかる。目を開かれる思いだった。

土田宏『ケネディ』(中公新書)

 

ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)

ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)

 

  ケネディ大統領の生涯をたどった評伝。学生時代から、軍隊時代にヒーローになったこと、その後のピュリッツァー賞受賞や、議員としてのキャリア、大統領選挙、キューバ危機の回避や諸々の政策、暗殺にいたるまで一通りケネディのことが分かるようになっている。

 ケネディは選挙に勝つために手段を択ばなかった。金の力を使ったりパーティを開いたり。また、ピュリッツァー賞受賞の本を本当に自分で書いたのかについても疑問が呈されている。それに暗殺についても謎が多い。総合的に見て、清廉潔白に生きた人間というよりも、政治の権謀術数うずまくなかで汚れに汚れて生き抜いた人間のように思える。現代の政治家のリアルな姿が見れて面白かった。