社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

天才

 ベッカリーアやケルゼンを読んでいると、こいつらとてつもなく頭が良いぞ、と感心してしまう。こういう天才たちによって歴史は動かされてきた。天才じゃない自分にはいったいどこまでできるのか。

 私は大学入試センター適性試験で上位2%だったが、逆に言えば上位2%に過ぎない。上位1%や、上位0.5%くらいじゃないと、研究者としては務まらないのではないかと思えてくる。IQの壁というものは常にあって、これは生物学的に克服不能である。

 しかしどの分野にでも天才はいるものだ。その見分けがつくようになったということは、私も法律学にだいぶ深入りしてきたということだろう。天才に生まれたかった。切実だけれど虚しい願いだ。

広告を非表示にする