社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

違う人

 いつも一緒に勉強会をしている友人とは別の友人に電話をかけた。この友人は私よりも劣等生だった。あと少しだね、自分はこんな勉強をしている、君はどう? 周りの人はどんな感じ? そんなどうでもいい会話だったが、話した後すごく心が軽くなった。いつもと違う人と話すのはなぜこんなに心を軽くするのだろう。切実な話題を共有できる人間が一人増えただけで人間はこんなにも救われる。

広告を非表示にする