社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

買い物日和

 今日は快晴。近所にはサティがあり、そこに至る道沿いに、沢山店が並んでいる。郊外のショッピングセンターという装い。昔は田んぼだったが、そこを切り開いて作った。僕らみたいに、駅前市街地から離れている人たちにとっては、とても重宝する場所だ。そこにいって、まずブックオフに立ち寄る。特にめぼしいものがなく、次は書店へ。井上靖の『孔子』を購入。そのあと、Amerikayaでジーンズを購入。売れ残りが安く売られていて、13000円のジーンズを6990円で購入。そのあと近くのラーメン屋で昼食。肉食った! 750円でこんなにチャーシュー食えていいの? という贅沢。

 僕は少し生き急いでいる。もっと脱力した方が逆にスムーズに人生が進むのではないか。そんなことをふと思った。もっと楽に生きていいんだよ。もっと穏やかに。もっと朗らかに。もっといい加減に。

広告を非表示にする