読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会科学読書ブログ

社会科学関係の書籍を紹介

西谷修『アメリカ 異形の制度空間』(講談社選書メチエ)

社会 歴史

 

アメリカ 異形の制度空間 (講談社選書メチエ)

アメリカ 異形の制度空間 (講談社選書メチエ)

 

  ヨーロッパ世界展開の端緒で、「アメリカ」と名付けられた新天地に成立した連合国家が、短期間のうち膨張して強大な国家となり、その運命に世界を巻き込もうとしている、そのアメリカが世界史にとって何であるかについて解説した本。

 アメリカは「所有に基づく自由」という制度空間を徹底し、移民たちが自らの法権利空間を作り上げ、「外部」を力の正義によって駆逐し、ヨーロッパから独立していく。

 そしてこの制度空間は自らの成功を駆動力に、この制度空間を普遍的なもの、世界にとっての規範的なものとして拡大していった。

 本書を読むと、いかにアメリカが単純な原理に基づいているかがわかる。アメリカというものは合理的に形成された国家であるため、とても「わかりやすい」。ただ、本書をもってアメリカがすべて解明されたわけでないのも自明である。アメリカにはこのような制度空間だけでは割り切れない闇をたくさん抱えている。そのようなものに肉薄するためにも、基本的には本書のような理解が必要であろう。